パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

中央アジアの社会関係と物質文化に関する人類学的研究

B01 文化人類

調査期間:2016年~
代表者 :藤本透子、吉田世津子、菊田悠
調査主体:国立民族学博物館、四国学院大学、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター
調査地域:カザフスタン、ウズベキスタン、キルギスタン

概要:
集団間接触や社会関係の変化が物質文化にどのように反映されるのかを、中央アジアにおける人類学調査から明らかにすることを目的としている。具体的には、村落社会の形成と住居及び墓制の変遷、職人による技術の継承や変化などに関して、現地調査を行っている。