パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

会議・シンポジウム

パレオアジア文化史学 第2回研究大会を開催しました (2017.02.10–02.12)

2017.02.10

日時:2017.02.10-02.12
会場:名古屋大学

2/10(金)  会場:名古屋大学博物館
13:00~14:30  一般講演会  ドナルド・ヘンリー(タルサ大学・名誉教授)
        「ネアンデルタールとはどのような人々か?その再考に迫る考古学研究」(通訳あり)

2/11(土)  会場:名古屋大学野依記念学術交流館
10:30~17:45  国際ワークショップ(英語のみ)
        ◆テーマ「西アジアにおけるヒトと文化の交替劇―パレオアジアからの展望」
     ① 趣旨説明  西秋良宏(東京大学・教授)
     ② 招待講演  ドナルド・ヘンリー(タルサ大学・名誉教授)
      “Neanderthals in the Levant: intra-site, inter-site and regional analyses”
            パベル・タラソフ(ベルリン自由大学・教授)
      “Late Quaternary vegetation and climate variability derived from sedimentary
      archives stored in Eurasian lakes: case studies, achievements and challenges”
            ミリアム・ベルメイカー(タルサ大学・助教)
      “Reevaluation of mammal community structure throughout the Last Glacial:
      implication for Neanderthal and anatomically modern human population dynamics
      in the Southern Levant”

      ③ パレオアジア・プロジェクトメンバーによる発表

2/12(日)  会場:名古屋大学野依記念学術交流館
10:00~16:45 パレオアジア・プロジェクト2016年度の成果発表 

ポスターPDF
詳しいプログラム(PDF)