パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

領域主催

A02: 公開講演会と展示 「人類を進化させた石器―アフリカと西アジアにおける原人・旧人・新人の遺跡調査」(2018.03.03)

数百万年におよぶ人類の進化史を物語る資料は、人骨以外に数多くの石器があります。原人から旧人、そして新人へと進化した人類が残した石器から、彼らの行動や文化の進化を明らかにする研究がパレオアジア文化史学で行われています。名古屋大学がアフリカと西アジアで行った旧石器遺跡調査について紹介し、採取された貴重な石器資料を展示します。◆チラシPDF◆

講演会とギャラリートーク
日時:2018年3月3日(土)13:00~15:00
場所:名古屋大学博物館 講義室と展示室
講師:門脇誠二(A02班、名古屋大学博物館)
主催:新学術領域研究パレオアジア・名古屋大学博物館

ハンズオン展示
日時:2018年3月3日(土)10:00~16:00
場所:名古屋大学博物館 展示室
内容:ハンドアックス(アフリカの原人の石器)、ルヴァロワ尖頭器(西アジアのネアンデルタール人や新人の狩猟具)、エル・ワド尖頭器(西アジアの新人の狩猟具)など
主催:新学術領域研究パレオアジア・名古屋大学博物館