パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

領域主催

A01/A02/B01合同研究会:温帯更新世の狩猟採集民の実像を求めて(2018.10.07)

日時:2018.10.07(日)13::00-17:00
会場:国立民族学博物館(2階 第3セミナー室)
「温帯更新世の狩猟採集民の実像を求めて
-寒帯・温帯・熱帯での狩猟採集民の資源利用と移動・移住パターンの比較-」

企画の意図:
温帯更新世の狩猟採集民(とくに日本)の資源利用と移動・移住モデルについては、限られた考古資料で語っている現状のなか、周辺地域や隣接分野からの傍証を利用することから新たなモデルを構築していくことが求められている。
そこで今回は、温帯更新世の狩猟採集民研究の現状と課題を紹介したあとに、温帯以外の更新世の狩猟採集民研究、民族誌研究を参照することから、温帯での狩猟採集民の資源利用と移動・移住パターンに関する提案をしていくことがねらいである。
(A01高倉純およびB01池谷和信)

◆プログラム◆