Cultural History of PaleoAsia

Scientific Research on Innovative Areas,
a MEXT Grant-in-Aid Project
FY2016-2020

A02: Dynamism of human behavior during the dispersal of Homo sapiens into Asia

 

2017年

出版物 Publications

著編書 Books

  • 小野林太郎(2017)『海の人類史 東南アジア・オセアニア海域の考古学』環太平洋文明叢書5、雄山閣。

雑誌論文 Journal articles

  • Kadowaki, S., K. Ohnishi, S. Arai, and Y. Nishiaki (2017) Mitochondrial DNA analysis of ancient domestic goats in the southern Caucasus: a preliminary result from Neolithic settlements at Göytepe and Hacı Elamxanlı Tepe. International Journal of Osteoarchaeology, 27: 245–260. DOI: 10.1002/oa.2534
  • Kadowaki, S. (2017) Technology of striking platform preparation on lithic debitage from Wadi Aghar, southern Jordan, and its relevance to the Initial Upper Palaeolithic technology in the Levant. Rafidan, 38: 23–32.
  • 内藤裕一(2017) 「アイソトープを使い先史日本列島人の暮しを窺う」『科学』87(2): 158–161。
  • 小野林太郎(2017)「鋸歯印文土器―オーストロネシア語族の拡散を語る土器」『貝塚』72: 27–30。

書籍掲載論文 Book chapters

  • 門脇誠二(2017)「世界最古のビーズ」『ビーズ-つなぐ かざる みせる』池谷和信編:32、国立民族学博物館。
  • 門脇誠二・D. ヘンリー・S. マサデ・廣瀬允人(2017)「ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2016年)―」『第24回西アジア発掘調査報告会報告集』:22–27、日本西アジア考古学会。
  • 小野林太郎(2017)「東南アジア・オセアニア海域に進出した漁撈採集民と海洋適応」『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』池谷和信編:23–41、東京大学出版会。

領域出版物 Project volumes

  • 門脇誠二(編)(2017)『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会予稿集』。
  • 門脇誠二(編)(2017)『ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明1(「パレオアジア文化史学」A02班2016年度研究報告)』。

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • 門脇誠二(2017)『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日。

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • 半田直人・出穂雅実・高橋啓一・B. Tsogtbaatar・B. Gunchinsuren・D. Odsuren(2017)「モンゴル東部オンドルハーンより産出した更新世サイ科化石(予報)」『日本古生物学会第166回例会』早稲田大学、2017年1月28日。
  • Izuho, M. (2017) Recent progress and future directions in archaeological obsidian study on Hokkaido (Japan). Public talk at the Department of Anthropology, Texas A&M University, College Station, Texas, January 27, 2017.
  • 出穂雅実(2017)「モンゴルおよびザバイカルにおける上部旧石器時代初期遺跡の占拠年代はどのくらい確かなのか?」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日(予稿集38–39頁)、ポスター。Izuho, M. (2017) Age Determination for the Initial Upper Paleolithic Sites in the Transbaikal (Russia) and Mongolia: a critical Review. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Aichi, February 10–12, 2017 (Proceedings, pp. 38–39), poster.
  • Izuho, M. (2017) Collect this blocky one, not that rounded one: Upper Paleolithic obsidian use in Paleo-SHK Peninsula. Public talk at the Institute of Archaeology and Ethnography, Siberian Branch of Russian Academy of Sciences, Novosibirsk, Russia, March 13, 2017.
  • 門脇誠二(2017)「西アジアの遺跡調査からさぐる人類史―人類の進化と農業の起源―」『日本西アジア考古学会主催 第1回西アジア考古学トップランナーズセミナー』東京国立博物館黒田記念館、2017年2月5日。(招待講演)
  • 門脇誠二(2017)「西アジアの中部・上部旧石器時代移行におけるヒトと文化の変化:石器技術と居住行動からの展望」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日(予稿集2–3頁)。Kadowaki, S. (2017) Biological and cultural transitions from the Middle to Upper Palaeolithic in west Asia: a perspective from lithic technology and settlement behavior. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Aichi, February 10–12, 2017 (Proceedings, pp. 2–3).
  • 門脇誠二(2017)「南ヨルダン、カルハ山における上部旧石器時代遺跡の調査:目的と2016年度の成果」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日(予稿集34–35頁)。Kadowaki, S. (2017) Investigations of Upper Palaeolithic sites in the Jebel Qalkha area, southern Jordan: aims and results of the 2016 season. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Aichi, February 10–12, 2017 (Proceedings, pp. 34–35).
  • Kadowaki, S. (2017) Space-time distributions and behavioral changes of Neanderthals and modern humans in west Asia: archaeological records on the Middle-to-Upper Palaeolithic transition. Human Evolution in Eurasia Elucidated through Genetics, Archeology, and Linguistics, National Institute of Genetics, Shizuoka, March 16, 2017.(招待講演)
  • 門脇誠二(2017)「資源開発と技術革新の昔ばなし:人類史から学ぶ生存戦略」『名古屋大学オープンレクチャー2017』名古屋大学、2017年3月20日、招待講演。
  • 門脇誠二・D. ヘンリー・S. マサデ・廣瀬允人(2017)「ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2016年)―」『第24回西アジア発掘調査報告会』池袋サンシャインシティ文化会館、2017年3月25日。
  • 中沢祐一・田村昌文・長沼正樹・赤井文人・種石 悠(2017)「北海道東北部の北見盆地における現生人類遺跡の考古学的踏査」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日(予稿集36–37頁)。An archaeological survey to trace modern human occupations in the Kitami Basin, northeastern Hokkaido. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Aichi, February 10–12, 2017 (Proceedings, pp. 36–37).
  • 中沢祐一・直江康雄・坂本尚史(2017)「黒曜石水和層法による北海道最終氷期の石器群の時間的関係:旧白滝3遺跡の検討例」『北海道旧石器文化研究会』北海道大学、2017年3月19日。
  • 小野林太郎(2017)「ホモ・サピエンスによる海域世界への拡散と生業戦略:インドネシア、スラウェシ島中部の事例から」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日(予稿集40–43頁)、ポスター。Ono, R. (2017) Migration to the maritime world and subsistence strategies by modern human: a case from Central Sulawesi, Indonesia. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Aichi, February 10–12, 2017 (Proceedings, pp. 40–43), poster.
  • 田村 亨・門脇誠二(2017)「ヨルダンTor HamarサイトのOSL年 代測定:予察報告」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学、2017年2月10–12日(予稿集51–52頁)、ポスター。Tamura, T. and S. Kadowaki (2017) Optically-stimulated luminescence dating of sediment samples at Tor Hamar, southern Jordan: a preliminary report. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Aichi, February 10–12, 2017 (Proceedings, pp. 51–52), poster.

 

2016年

出版物

著編書

  • 高橋啓一(2016)『ゾウがいた,ワニもいた琵琶湖のほとり』琵琶湖博物館ブックレット1、サンライズ出版。

雑誌論文

  • Buvit, I., M. Izuho, K. Terry, M. V. Konstantinov, and A. V. Konstantinov (2016) Radiocarbon dates, microblades and Late Pleistocene human migrations in the Transbaikal, Russia and the Paleo-Sakhalin-Hokkaido-Kuril Peninsula. Quaternary International, 425: 100–119.
  • Buvit, I., M. Izuho, K. Terry, M. V. Konstantinov, and A. V. Konstantinov (2016) Corrigendum to “radiocarbon dates, microblades and Late Pleistocene human migrations in the Transbaikal, Russia and the Paleo-Sakhalin-Hokkaido-Kuril Peninsula”. Quaternary International, 425:120–139. DOI: 10.1016/j.quaint.2016.06.035
  • 飯塚文枝・出穂雅実・P. バンディバー・大久保浩二(2016)「鹿児島県中種子町三角山I遺跡出土縄文草創期土器の成形技術とその変異性の研究」『研究紀要・年報 縄文の森から』第9号:1−20、鹿児島県立埋蔵文化財センター。
  • 門脇誠二(2016)「揺らぐ初期ホモ・サピエンス像―出アフリカ前後のアフリカと西アジアの考古記録から」『現代思想』44(10):112–126。
  • 内藤裕一(2016)「ベジタリアンのホラアナグマ:その絶滅要因は何か?」『Bears Japan』17(2): 21–22。
  • Naito, Y. I., M. Germonpré, Y. Chikaraishi, N. Ohkouchi, D. G. Drucker, K. A. Hobson, M. A. Edwards, C. Wißing, and H. Bocherens (2016) Evidence for herbivorous cave bears (Ursus spelaeus) in Goyet Cave, Belgium: Implications for paleodietary reconstruction of fossil bears using amino acid δ15N approaches. Journal of Quaternary Science, 31: 598-606.
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jqs.2883/full
  • 島口 天・高橋啓一(2016)「青森県内で採集されたウマ標本のAMS14C年代」『化石研究会会誌』49:82–86。
  • Shutoh, K., S. Kaneko, K. Suetsugu, Y. I. Naito, and T. Kurosawa (2016) Variation in vegetative morphology tracks the complex genetic diversification of the mycoheterotrophic species Pyrola japonica sensu lato. American Journal of Botany, 103: 1–12.
    http://www.amjbot.org/content/103/9/1618.short
  • Straus, L. G., I. Buvit, K. Terry, and M. Izuho (2016) The Last Glacial Maximum in northern Eurasia: Environments and human adaptations. Quaternary International, 425: 1–3. DOI: 10.1016/j.quaint.2016.11.040
  • 高橋啓一・島口 天・馬場理香・北川博道(2016)「青森県陸奥湾から産出した長鼻類化石の再検討」『化石研究会会誌』49:87–91。
  • Takahashi, K. and K. Yasui (2016) Taxonomic invalidity of Busk’s elephant (Elephas maximus buski Matsumoto, 1927) demonstrated by AMS 14C dating. Paleontological Research, 21(2): 195-202. DOI: 10.2517/2016PR024
  • Wißing, C., H. Rougier, I. Crevecoeur, M. Germonpré, Y. I. Naito, P. Semal, and H. Bocherens (2016) Isotopic evidence for dietary ecology of Late Neandertals in North-Western Europe. Quaternary International, 411: 327–345.
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1040618215011829

書籍掲載論文

  • Kadowaki, S., F. Guliyev and Y. Nishiaki (2016) Chipped stone technology of the earliest agricultural village in the Southern Caucasus: Hacı Elamxanlı Tepe (the beginning of the 6th Millennium BC). In: Proceedings of the 9th International Congress of the Archaeology of the Ancient Near East, Volume 3, edited by O. Kaelin, H.-P. Mathys, pp. 709–722. Wiesbaden: Harrassowitz Verlag.
  • 中沢祐一(2016)「置戸遺跡群の調査と地域的意義への展望」『北からの文化の波 北海道の旧石器からオホーツク文化まで』種石 悠編:39-41、北海道道立北方民族博物館。
  • 中沢祐一(2016)「北海道中央部の旧石器について」『晩氷期の人類社会―北方先史狩猟採集民の適応行動と居住形態―』佐藤宏之・山田 哲・出穂雅実編:169–187、六一書房。
  • Ono, R. (2016) Human History of Maritime Exploitation and Adaptation Process to Coastal and Marine Environments – A View from the Case of Wallacea and the Pacific. In Maged Marghany ed. Applied Studies of Coastal and Marine Environments, pp. 389-426. InTech Publisher. DOI: 10.5772/60743
    http://www.intechopen.com/books/applied-studies-of-coastal-and-marine-environments

口頭発表

講演・学会発表等

  • 飯島正也・小林快次・高橋啓一(2016)「大分県宇佐市の津房川層(鮮新統)より産出したワニ化石の再検討:世界最古のヨウスコウワニとその生物地理的意義」『日本古生物学会2016年年会』福井県立大学・福井県立恐竜博物館、2016年6月24–26日。
  • Izuho, M. (2016) Human Technological and Behavioral Adaptation to Landscape Changes around the Last Glacial Maximum in Japan: A Focus on Hokkaido. Public talk at the Department of Anthropology, University of California, Davis, California, November 15, 2016.
  • Izuho, M. (2016) Human Technological and Behavioral Adaptation to Landscape Changes around the Last Glacial Maximum in Japan: A Focus on Hokkaido. Public talk at the Department of Anthropology, Texas State University, San Marcos, Texas, November 30.
  • 出穂雅実(2016)「モンゴル国セレンゲ県フデル郡タルバガタイアム遺跡の試掘調査速報」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集59頁)、ポスター。Izuho, M. (2016) Preliminary result of testing at the Upper Paleolithic site of Tavagatain Am, Khudel Sum, Selenge Aimag, Mongolia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia The University of Tokyo, Tokyo, November 5-6, 2016 (Proceedings, p. 60), poster.
  • 門脇誠二(2016)「ホモ・サピエンスの出現・拡散とビーズに関する考古記録」『平成28年度国立民族学博物館共同研究会:世界のビーズをめぐる人類学的研究』国立民族学博物館、2016年10月10日、招待講演。
  • 門脇誠二(2016)「ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明:目的と方法」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集54頁)。Kadowaki, S. (2016) Dynamism of human behavior during the dispersal of Homo sapiens into Asia: aims and methods. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 55).
  • 門脇誠二(2016)「私たちホモ・サピエンスは特別か?」『人類はどのように進化してきたのかーヒトの体と文化の関係』名古屋 中日文化センター、2016年4月21日。(招待講演)
  • 門脇誠二(2016)「日本人の起源」『人類はどのように進化してきたのかーヒトの体と文化の関係』中日文化センター、2016年5月19日。(招待講演)
  • 門脇誠二(2016)「アフリカで生まれた人類が日本人になるまで」『坂本塾 講演会』名古屋東急ホテル、2016年5月20日。(招待講演)
  • 門脇誠二(2016)「ホモ・サピエンスの拡散と西アジアにおける上部旧石器文化のはじまり」『日本考古学協会第82回総会 研究発表要旨』東京学芸大学、2016年5月28–29日。
  • 門脇誠二(2016)「アフリカで生まれた人類が日本人になるまで」『東浦町 サイエンス講座』東浦町文化センター、2016年6月5日。(招待講演)
  • 門脇誠二(2016)「文化の進展と進化し続ける人類」『人類はどのように進化してきたのかーヒトの体と文化の関係』中日文化センター、2016年6月16日。(招待講演)
  • 門脇誠二(2016)「ネアンデルタールと私たちホモ・サピエンス~交替劇の真実~」『平成28年度 大河講座 ひとの大学』NHK文化センター名古屋教室、2016年7月13日。(招待講演)門脇誠二(2016)「名古屋大学によるシリア、ユーフラテス河流域の調査」『スポット展 ユーフラテスの春 特別講演会』名古屋大学博物館、2016年10月7日。
  • 門脇誠二(2016)「名古屋大学によるシリア、ユーフラテス河流域の調査」『スポット展 ユーフラテスの春 特別講演会』名古屋大学博物館、2016年10月7日。
  • 門脇誠二(2016)「石の道具が語る人類の進化―日本でここだけ!原人、旧人、新人の道具を見比べよう」『大学博物館が語る、地球と人類のヒストリー』南山大学、2016年10月29日。(招待講演)
  • Naito, Y. I. (2016) Nitrogen isotopic composition of individual amino acids in bones: a tool for illuminating past human and animal behaviors. International workshop of Organic Geochemistry “Biomarkers and Molecular Isotopes”, Osaka, Japan, Jury 4–5th, 2016.
  • Naito, Y. I., Y. Chikaraishi, Y. Takano, and N. Ohkouchi (2016) Decoding food habits in the past: emerging perspectives from compound-specific isotope analysis of archaeological human remains. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.
  • 内藤裕一(2016)「各種同位体分析を用いた後期更新世の古環境復元と人類の生業の研究:近年の動向と新展開」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集58頁)。Naito, Y. I. (2016) Reconstruction of Paleoenvironments and human behaviors in the late Pleistocene using stable isotope analysis. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 58).
  • 内藤裕一・高野淑識・山根雅子・横山祐典・永田俊・大河内直彦(2016)「爪ケラチンのアミノ酸14C分析による現代人の食習慣・移住の解析」『第70回日本人類学会大会』新潟医療福祉大学、2016年10月9日、ポスター。
  • 中沢祐一(2016)「北アメリカの先史文化の誕生と北海道の旧石器文化」『北方民族博物館平成28年度講座』北方民族博物館、2016年8月20日、招待講演。
  • Nakazawa, Y., S. Kobayashi, H. Yurimoto, F. Akai, and H. Nomura (2016) Measuring obsidian hydration rim using the optical microscope and micro-imaging with secondary ion mass spectrometry: a case study from the stratified open-air site of Jozuka in southern Kyushu, Japan. The 8th Meeting of the Asian Palaeolithic Association, Tokyo Metropolitan University, Tokyo, June 24–28, 2016 (Prodeedings, p. 60), poster.
  • 中沢祐一・出穂雅実(2016)「考古資料に基づく後期旧石器時代の社会・人間行動復元の現状と課題」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集56頁)。Nakazawa, Y. and M. Izuho (2016) Current issues in the reconstruction of society and human behavior based on Paleolithic archaeological records. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 57).
  • 難波元生・内藤裕一・塘 忠顕(2016)「福島県裏磐梯地域に生息する外来底生動物(ウチダザリガニとフロリダマミズヨコエビ)」『2016年度日本陸水学会第81回大会』琉球大学、2016年11月5日、ポスター。
  • 小野林太郎(2016)「インドネシア、スラウェシ中部のホモ・サピエンスの拡散と後期更新世~完新世における生業の変化」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集61–62頁)、ポスター。Ono, R. (2016) Modern human migration and change of subsistence during the Late Pleistocene to Holocene in Central Sulawesi, Indonesia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, pp. 63–65), poster.
  • Ono, R., F. Aziz, A. Oktavianas, Y. Hisa, and C. Katagiri (2016) Development of regional maritime networks during the Early Metal Ages in Northern Wallacea. The 8th World Archaeology Congress, Doshisya University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.
  • Ono, R., A. Oktaviana, F. Aziz, D. Prastiningtyas, N. Iriyanto, M. Ririmasei, and I. B. Zesse (2016) Development of pottery making tradition and maritime networks during the Early Metal Ages in Northern Maluku Islands. The International Austronesian Symposium, Bali, Indonesia, July 19, 2016.
  • Ono, R., A. Oktaviana, F. Aziz, D. Prastiningtyas, N. Iriyanto, M. Ririmasei, and I. B. Zesse (2016) Development of Maritime Networks during Neolithic to Early Metal Ages in Northern Maluku. The International Austronesian Symposium, Bali, Indonesia, July 19, 2016, Poster.
  • 高橋啓一(2016)「ナウマンゾウとマンモスゾウは北海道で共存したのか」『日本哺乳類学会2016年度大会』筑波大学、2016年9月25日。
  • 高橋啓一・出穂雅実(2016)「北海道における動植物相の変遷と後期旧石器時代石器群の関係性」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集66頁)、ポスター。Takahashi, K. and M. Izuho (2016) Relationship between faunal and floral transitions and the Upper Paleolithic assemblages on Hokkaido. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 67), poster.