Cultural History of PaleoAsia

Scientific Research on Innovative Areas,
a MEXT Grant-in-Aid Project
FY2016-2020

B01: Anthropological study on cultural and behavioral change through dispersal and contact of human populations

2018 | 2017 | 2016

2018

出版物 Publications

著編書 Books

  • Ikeya, K. (ed.) (2018) Beads in the world. Osaka: National Museum of Ethnology.
  • 野林厚志(編)(2018)『EEM国立民族学博物館開館40 周年記念特別展:太陽の塔からみんぱくへ:70年万博収集資料』国立民族学博物館。
  • 野林厚志(編)(2018)『肉食行為の研究』平凡社。

雑誌論文 Journal articles

  • 池谷和信・岸上伸啓・佐々木史郎・戸田美佳子(2018)「最近の狩猟採集民研究の動向―第11回国際狩猟採集社会会議(CHAGS11)に出席して―」『国立民族学博物館研究報告』42(3):321‒372。
  • 松森 智彦・大西 秀之・アンドレイ P. サマル・佐々木 史郎(2018)「衛星写真及び土地利用を活用した民族調査の事例:ロシア極東のコンドン・ウリカナツィオナーリノエ村を中心に」『文化情報学』13(1-2):1–12。
  • 大西秀之(2018)「ナーナイ系先住民の集落景観を形作った土地利用と生計戦略:景観に刻まれたソビエト体制の展開と崩壊」『年報人類学研究』8:1–38。

書籍掲載論文 Book chapters

  • 池谷和信(2018)「現代の『狩猟採集民』にとっての肉食とは何か」『肉食行為の研究』野林厚志編:212‒238、平凡社。
  • 野林厚志(2018)「序」『肉食行為の研究』野林厚志編: 5‒30、平凡社。
  • 大西秀之(2018)「アイヌ・エコシステムの舞台裏:民族誌に描かれたアイヌ社会像の再考」『寒冷アジアの文化生態史』高倉浩樹編:25–47、古今書院。

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • B01共催(2018)『先史人類の移動と人類博物館』国立民族学博物館研究会、国立民族学博物館、2018年3月22日。

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • 池谷和信(2018)「趣旨説明」『先史人類の移動と人類博物館』B01共催、国立民族学博物館研究会、国立民族学博物館、2018年3月22日。
  • 池谷和信(2018)「長期間におけるアジアの狩猟採集民の社会変化と持続性」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集42頁)。Ikeya, K. (2018) Social changes and continuity among hunter-gatherers in Asia for the long term. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, p. 43).
  • 池谷和信・野林厚志(2018)「民族学からみる狩猟採集社会同士の接触と交替」『第84回日本考古学協会研究発表会』明治大学、2018年5月27日。
  • 菊田 悠(2018)「ウズベキスタン陶器職人の技能伝承—家系、資質、生計の関係から」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集96–97頁)。Kikuta, H. (2018) Transmission of skill among potters in Uzbekistan: lineage or talent? The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, pp. 98–99). poster
  • Kondo, Y. and H. Onishi (2018) Is ‘culture’ a buzzword?: Ontological challenge of an interdisciplinary project on the cultural history of early modern humans in Asia. The 46th CAA (Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology), University of Tübingen, Tübingen, Germany. March 19–23, 2018.
  • 中村光宏・ 野林厚志(2018)「東南アジア大陸・島嶼・ウォーレス線境界と文化項目の相関の定量的検証」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集6頁)。Nakamura, M. and A. Nobayashi (2018) A quantitative analysis on the correlation of cultural elements of Southeast populations: mainland, islands and Walace Line. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, p. 7).
  • 野林厚志・池谷和信(2018)「民族学からみる狩猟採集・農耕社会の接触と交替」『第84回日本考古学協会研究発表会』明治大学、2018年5月27日。
  • 大西秀之・近藤康久・岩本葉子(2018)「文化としての人間行動という視座—パレオアジア文化史学の語彙分析を事例として—」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集92頁)。Onishi, H., Y. Kondo, and Y. Iwamoto (2018) Perspectives of human behavior as culture: A case study on lexical analysis of “Cultural History of PaleoAsia”. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, p. 93). poster
  • 彭 宇潔(2018)「熱帯地域の狩猟採集民にみられる道具利用の比較研究 — 集団内・外に おける社会関係に着目して」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集18頁)。Peng, Y. (2018) Comparative study of tool use among hunter-gatherers in tropical regions: focusing on social relations within/between groups. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, p. 19).
  • 彭 宇潔(2018)「狩猟採集民バカに見られる景観情報の共有:集団採集活動を中心に」『日本アフリカ学会第55回学術大会』北海道大学、2018年5月26–27日。
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2018)「タケ利用と「単純な」技術 — インド北東部アッサム地域を事例に」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集44頁)。Ueba, Y., M. Kanetani, and A. Nakatani (2018) Simple technologies and the use of bamboo in Assam, Northeast India. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, p. 45).
  • 山田仁史(2018)「狩猟採集民における生業変容:新人文化へのパースペクティヴ」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集100–101頁)。Yamada, H. (2018) Transformation of subsistence among hunter-gatherers: A perspective on modern human cultures. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, pp. 102–103). poster
  • 山中由里子(2018)「ヒュードロドロの系譜―この世ならざるものの出現にともなう音」『第477回みんぱくゼミナール』国立民族学博物館、2018年2月17日。
  • 山中由里子(2018)「想像界の生物相(4)—旅するマンドラゴラ伝承」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会』名古屋大学、2018年5月12–13日 (予稿集94頁)。Yamanaka, Y. (2018) Biota of the Imaginary (4): Travelling tales of the Mandragora. The 5th Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, May 12–13, 2018 (Proceedings, p. 95). poster

 

2017

出版物 Publications

著編書 Books

  • Ikeya, K. (ed.) (2017) Sedentarization among Nomadic People in Asia and Africa. Senri Ethnological Studies No.95. Osaka: National Museum of Ethnology.
  • 池谷和信(編著)(2017)『ビーズ』国立民族学博物館。
  • 池谷和信(編著)(2017)『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』東京大学出版会。
  • Peng, Y. (2017) Inscribing the Body: An Anthropological Study on the Tattoo Practice among the Baka Hunter-Gatherers in Southeastern Cameroon. Kyoto: Shokado.
  • 山田仁史(2017)『新・神話学入門』朝倉書店。

雑誌論文 Journal articles

  • 藤本透子(2017)「カザフの子育て―ゆりかごの向こうに広がる世界」(特集「展示に探る民族の世界観・死生観」)『季刊民族学』162:67‒74。
  • 大西秀之(2017)「調査法としての身体経験:フィールドワーク教育の実践とその可能性」『 Contact zone(コンタクトゾーン)』 9:371‒385。
  • 彭 宇潔(2017)「『女性のファッション』―バカ・ピグミーの刺青実践を事例に」『コンタクト・ゾーン=Contact Zone』9:331‒346。
  • 卯田宗平(2017)「なぜ宇治川の鵜飼においてウミウは産卵したのか―ウミウの捕獲作業および飼育方法の事例から」『国立民族学博物館研究報告』42(2):1‒87。
  • 卯田宗平(2017)「人・動物関係におけるリバランスという視座―中国と日本の鵜飼でみられるウ類への働きかけの事例から」『環境社会学研究』23:20‒33。
  • 卯田宗平・澤木万理子・松坂善勝・江﨑洋子(2017)「宇治川の鵜飼におけるウミウの繁殖・飼育技術の特徴―中国における鵜飼の事例比較」『日本民俗学』292:1‒26。
  • 上羽陽子(2017)「手仕事だから安い世界―インド北東部アッサムの野蚕糸から」『月刊みんぱく』2017年12 月号:18‒19。
  • Yamanaka, Y. (2017) Authenticating the Incredible: Comparative Study of Narrative Strategies in Arabic and Persian ʿajāʾib Literature. Jerusalem Studies in Arabic and Islam, ■: ■–■.
  • 山中由里子(2017)「『心の進化』から驚異・怪異を捉える」『民博通信』156: 20–21。

書籍掲載論文 Book chapters

  • 藤本透子(2017)「人生儀礼1:すこやかな成長への願い」『国立民族学博物館展示案内』国立民族学博物館編:202‒205。
  • Ikeya, K. (2017) Introduction: Studies of sedentarization. Sedentarization among Nomadic Peoples in Asia and Africa, Senri Ethnological Studies 95, edited by K. Ikeya, pp.1‒15, National Museum of Ethnology.
  • Ikeya, K. and S. Nakai (2017) Sedentarizaiton and landscape change among the Mlabri in Thailand. Sedentarization among Nomadic Peoples in Asia and Africa, Senri Ethnological Studies 95, edited by K. Ikeya, pp.171‒191, National Museum of Ethnology.
  • 池谷和信(2017)「狩猟採集民からみた地球環境史」『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』池谷和信編:1–21、東京大学出版会。
  • 池谷和信(2017)「地球の先住者から学ぶこと」『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』池谷和信編:297–302、東京大学出版会。
  • 上羽陽子(2017)「幼児を守るラバーリー社会のビーズワーク」『ビーズ つなぐ かざる みせる』池谷和信編:74‒75、国立民族学博物館。
  • 山田仁史(2017)「解説 「良識」を嗤う食人論」『カニバリズム論』中野美代子著:309–321、筑摩書房。
  • Yamanaka, Y. (2017) The Tear-bottle Quest: European perception of the Biblical Orient and Iranian Shiite ritual. In: Terra Ridens, edited by Regina F. Bendix, D. Noyes, Dortmund, Verlag für Orientkunde.
  • 山中由里子(2017)「捏造された人魚―イカサマ商売とその源泉をさぐる」『海賊史観からみた世界史の再構築―公益と情報流通の現在を問い直す』稲賀繁美編:170–195、思文閣。
  • 山中由里子(2017)「スエズの商人・南部憲一」『欧州航路の文化誌 寄港地を読み解く』橋本順光・鈴木禎宏編:139–158、青弓社。

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • 飯田 卓・上羽陽子(2017)『民族自然誌研究会 第86回例会「ござ・筌・箕・笠・バスケット ― 編組品とその植物素材」』京都大学楽友会館、2017年4月15日。

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • Fujimoto, T. (2017) The religious and social aspects of “Ancestral Lands” in rural Kazakhstan: An anthropological perspective.” ESCAS-CESS Joint Conference, American University of Central Asia, Bishkek, Kyrgyzstan, June 29‒July 2, 2017.
  • Fujimoto, T. (2017) Economic activity and rituals for maintaining regional society: A case study of Kazakh villages in Central Asia. International Conference “Community Maintenance in Periphery,” University of Ryukyus, Okinawa, December 16‒17, 2017.
  • 藤本透子(2017)「定住化にともなうカザフ村落社会の形成と変容」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集64頁)。Fujimoto, T. (2017) The formation and transformation of a Kazakh village in the process of sedentarization: a case study in Central Asia. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.65).
  • 藤本透子(2017)「集団間の接触にともなう住居の変化―カザフの定住化に関する人類学調査から」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』、国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集76–77頁)。Fujimoto, T. (2017) Change of Dwellings in the Contact Zone: Anthropological Research on Sedentarization of Kazakh Society. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 78).
  • 藤本透子・吉田世津子・菊田 悠(2017)「集団間接触と墓制の変遷―中央アジアにおける定性・定量調査の可能性」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日(予稿集18頁)。Fujimoto, T., S. Yoshida, and H. Kikuta (2017) Transformation of burial systems through contact among ethnic groups: possibilities for qualitative and quantitative analyses in Central Asia. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 19).
  • Ikeya, K. (2017) Dispersal of prehistoric hunter-gatherers and roles/materials of beads: an ethnoarchaeological approach. International Workshop: Across the Movius Line: Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene, The University Museum, The University of Tokyo, November 18–19, 2017 (Proceedings, p. 11).
  • 池谷和信(2017)「狩猟採集民と農耕民との相互関係の動態」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集62頁)。Ikeya, K. (2017) Dynamic relationship between hunter-gatherers and farmers. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.63).
  • 池谷和信(2017)「ビーズから見たアジア世界―貝殻とダチョウの卵殻に注目して―」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』、国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集68–69頁)。Ikeya, K. (2017) Beads in Asia: Seashells and Eggshells of Ostrich as Materials. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, pp. 70–71).
  • 池谷和信(2017)「狩猟採集民と狩猟採集民の相互関係―降水量変動、キャンプの移動、文化伝播(楽器)―」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集56頁)。Ikeya, K. (2017) Interactions between hunter–gatherer groups: precipitation changes, camp migration, propagation of culture as exemplified by a musical instrument. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 57). poster
  • 金谷美和・上羽陽子・中谷文美(2017)「インド、アッサムにおける生態資源利用―『線具』を中心に―」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』、国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集79–80頁)。Kanetani, M., Y. Ueba, and A. Nakatani (2017) Lineware: Usage of Ecological Resources in Assam, India. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, pp. 81–82).
  • 菊田 悠(2017)「中央アジアにおける社会関係とモノの変化 ―青い陶器の発展と消滅―」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』、国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集83頁)。Kikuta, H. (2017) Changes of objects and social relations in Central Asia: The case of blue pottery’s development and disappearance. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 84).
  • 岸上伸啓(2017)「北アメリカ北方地域における先住民文化の多様性と定量化」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日(予稿集16頁)。Kishigami, N. (2017) Variation and quantification of indigenous cultures in northern North America. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 17).
  • 近藤康久・大西秀之・岩本葉子(2017)「バズワードとしての『文化』」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日(予稿集10頁)。Kondo, Y., H. Onishi, and Y. Iwamoto (2017) Is “culture” a buzzword? The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 11).
  • Nakatani, A. (2017) Conversing through textiles: Mediation across producing and consuming ends of Balinese songket. Fashionable Tradition: Innovation and Continuity in the Production and Consumption of Handmade Textiles and Crafts, A Joint CASCA and IUAES Conference, University of Ottawa, Canada, May 2‒7, 2017.
  • Nobayashi, A. (2017) Taste or cuisine: changes in “authentic” Taiwanese indigenous culinary practices. A Joint CASCA and IUAES Conference, University of Ottawa, Canada, May 2–7, 2017 (Proceedings, p. 142).
  • 野林厚志(2017)「民族誌データにもとづく狩猟採集民の狩猟域の大きさと動物獲得の技術」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集10頁)。Nobayashi, A. (2017) Size of hunting area and the techniques of hunter-gatherer groups for hunting games using ethnographic data. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Tokyo, February 10–12, 2017 (Proceedings, p.11).
  • 野林厚志(2017)「「適応」を再考するーニッチと文化の境界ー」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集66頁)。Nobayashi, A. (2017) Use and Abuse of Adaptation Theory: Ecological Niche and Boundaries of “Culture”. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 67).
  • 野林厚志・中村光宏(2017)「民族誌の定量的分析の方法論的課題と解釈上の課題」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日(予稿集8頁)。Nobayashi, A. and M. Nakamura (2017) Ethnographic data from a methodological viewpoint of quantitative analysis and the issues regarding the interpretations. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 9).
  • 大西秀之(2017)「産業社会以前における手工芸技術の学習に関する民族誌モデル」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集58頁)。Onishi, H. (2017) Ethnographic model on learning of handicraft technologies in pre-industrial societies. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.59).
  • 大西秀之(2017)「民族誌的視座からの人類進化と技術革新の関係をめぐる一考察」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』、国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集85頁)。Onishi, H. (2017) Relations between Human Evolution and Technological Innovations from Ethnographic Perspectives. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 86).
  • 大西秀之(2017)「技術論をめぐる人類学と後期ハイデガーの応答」『実存思想協会2017年春の研究会』杏林大学、2017年3月14日。
  • 大西秀之(2017)「地域共有資源としてのアイヌ文化史跡の可能性:ポー川史跡自然公園を中核とする文化的景観を事例として」『日本文化人類学会第51回研究大会』神戸大学、2017年5月27–28日。
  • 大西秀之(2017)「地球環境問題をめぐるズレの課題と可能性」『第10回コアプログラム研究会「ズレとしまい」』総合地球環境学研究所、2017年6月26日。
  • 大西秀之(2017)「3年間の調査で見えてきたこと」『標津町文化財特別展このまちの宝が伝える地域の物語:シンポジウム:地域資源としての歴史・文化 』、標津町生涯学習センターあすぱる、2017年9月17日。
  • Peng, Y. (2017) Plant utilization in decoration culture among the Pygmy hunter-gatherers in central Africa: In the Baka’s case of traditional medicine ornaments. The 2th National Conference of Ethnoecology of China. China, Kaili. July 8–10, 2017.
  • 彭 宇潔(2017)「民族誌的視点からの装身具と身体装飾―狩猟採集民と他集団との関係に注目して」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集72頁)。Peng, Y. (2017) Ethnographic perspective of ornaments and body decoration: Emphasizing relationships between hunter-gatherers and other groups. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 73).
  • 彭 宇潔(2017)「狩猟採集民にみられる道具と道具利用の多様性に関する比較研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集60頁)。Peng, Y. (2017) Cross-cultural research on the diversity of tools and of tool use among modern hunter-gatherers. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 61). poster
  • 卯田宗平(2017)「鵜飼を文化としてとらえる」『国立民族学博物館友の会国内体験セミナー「三次の鵜飼漁見学と広島県の民俗芸能に出会う」』、広島県立みよし風土記の丘・広島県立歴史民俗資料館講義室、2017年7月22日。
  • 卯田宗平(2017)「鵜飼文化とは何か」『サンケイトラベル「長良川鵜飼漁見学」レクチャー』、岐阜市長良川鵜飼伝承館長良川うかいミュージアム会議室、2017年7月11日。
  • 卯田宗平(2017)「なぜ鵜飼のウミウは産卵したのか」『第15回生き物文化誌学会』国立民族学博物館第5セミナー室、2017年6月24日。
  • 卯田宗平(2017)「北東アジア地域における生業活動の男女差と集団接触の諸相」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集74頁)。Uda, S. (2017) Gender differences of subsistence activities and phases of group contact in northeastern Asia. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 75).
  • 上羽陽子(2017)「インドの染織文化を考える」『大阪府高齢者大学校 世界の文化に親しむ科』大阪府社会福祉会館、2017年1月27日、2017年2月3日。
  • 上羽陽子(2017)「インド、アッサムの野蚕利用」京都市立芸術大学、2017年6月7日。
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2017)「紐と糸をめぐる技術民族誌的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集60頁)。Ueba, Y., M. Kanetani, and A. Nakatani (2017) Ethnographic analysis of technologies for making and using thread, string and yarn. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.61).
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2017)「アイヌ民族の可塑性『線具』にみる素材・製作技術の多様性」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集58頁)。Ueba, Y. M. kanetani, and A. Nakatani (2017) Diverse materials and techniques to produce bendable “lineware” in Ainu culture. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 59). poster
  • Yamada, H. (2017) Swan maiden in hunter-gatherer and horticulturalist worldviews. The 11th Annual International Conference on Comparative Mythology, University of Edinburgh, Edinburgh, June 8–11, 2017.
  • 山田仁史(2017)「民族誌データに基づく人類集団動態モデルの構築-本研究がめざすもの-」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集91–92頁)。Yamada, H. (2017) Constructing dynamic models of human group interactions based on ethnographic data: Aim of the present study. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017, (Proceedings, pp. 93–94).
  • 山田仁史・中沢祐一(2017)「ストーンボイリングおよび関連した文化革新/退行についての民族誌データ」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集32頁)。Yamada, H. and Y. Nakazawa (2017) Ethnographic data on stone boiling and related cultural innovations/regressions. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 33).
  • Yamanaka, Y. (2017) Incredible India, the Land of Wonders in Persian ʿAjāʾib Literature. International Conference on Indo-Persian Studies at the Academy of Persian Language and Literature, Tehran, February 20, 2017.
  • 山中由里子(2017)「想像界の生物相―マンティコーラにみる名付けと形象化」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集62頁)。Yamanaka,Y. (2017) The biota of the imaginary: Mantichora, its nomenclature and visualization The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.67).
  • 山中由里子(2017)「想像界の生物相(2):人魚イメージの世界的分布と水棲動物の棲息地」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集87頁)。Yamanaka, Y. (2017) The Biota of the Imaginary (2): Global Distribution of Mermaid Imagery in Relation to the Habitat of Aquatic Animals. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 88).
  • 山中由里子(2017)「想像界の生物相 (3) ―天狗の進化系統樹」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集62頁)。Yamanaka, Y. (2017) The biota of the imaginary (3) : the evolutionary tree of Tengu. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 63). poster
  • 吉田世津子(2017)「クルグズ人の定住化と墓の形態変化―中央アジア・社会とモノの変化に関する予備的考察―」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』、国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集89頁)。Yoshida, S. (2017) Sedentarization of the Kyrgyzes and their Tomb Form Changes: a preliminary study of the interrelation between social and material changes in Central Asia. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2016 (Proceedings, p. 90).

2016

著編書 Books

  • Ikeya, K. and R. K. Hitchcock (eds.) (2016) Hunter-Gatherers and Their Neighbors in Asia, Africa, and South America. Senri Ethnological Studies 94. Osaka: National Museum of Ethnology.

雑誌論文 Journal articles

  • 卯田宗平(2016)「鵜飼い漁誕生の初期条件-野生ウミウを飼い馴らす技術の事例から」『日本民俗学』286:35–65。

書籍掲載論文 Book chapters

  • Ikeya, K. (2016) Interaction of the San, NGOs, Companies, and the State. In: Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America (Senri Ethnological Studies 94), edited by K. keya and R. K. Hitchcock, pp.255–267. Osaka: National Museum of Ethnology.
  • 池谷和信(2016)「近年における歴史生態学の展開」『環境に挑む歴史学』水島司編:43–54、勉誠出版。
  • Ikeya, K. and R. K. Hitchcock (2016) Introduction. In: Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America (Senri Ethnological Studies 94), edited by K. Ikeya and R. K. Hitchcock, pp. 1–15. Osaka: National Museum of Ethnology.
  • Nakai S. and K. Ikeya (2016) Structure and Social Composition of Hunter-Gatherer Camps: Have the Mlabri Settled Permanently? In: Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America (Senri Ethnological Studies 94), edited by K. Ikeya and R. K. Hitchcock, pp.123–138. Osaka: National Museum of Ethnology.

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • 野林厚志(2016)『台灣資訊跨國多語言交流平台』屏東:原住民族委員會原住民族文化發展中心、台湾、2016年11月26日。
  • Ikeya, K. and Sakkarin Na Nan (2016) Symposium: Interactions between Prehistoric Hunter-Gatherers and Neighbors in Asia. WAC (World Archaeological Congress)-8 Kyoto, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • Fujimoto, T. (2016) Ancestral Land and Networking in the Course of Privatization after Socialism: A Case Study in Kazakhstan. In Session “Creating a Trans-Boundary Network and Shared Communication in the Changing Landscape of Asian Societies,” East Asian Anthropological Association 2016 Meeting, Sapporo, October 15, 2016.
  • 藤本透子・吉田世津子(2016)「中央アジアにおける遊牧民の定住化―居住形態の変化を中心に」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集90-91頁)ポスター発表。Fujimoto, T. and S. Yoshida (2016) Sedentarization of nomads in Central Asia: analyzing the change of Kazakh dwelling. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia. The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p.92), Poster.
  • 池谷和信(2016)「狩猟採集民と隣人との相互関係について」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集82頁)。 Ikeya, K. (2016) Interaction between hunter-gatherers and their neighbors. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia. The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p.83).
  • 菊田悠(2016)「ウズベキスタン、リシトン陶業現代史―ものと人間の関係モデルに関連付けるには」『(新学術領域研究)人類集団の拡散と定着にともなう文化・行動変化の文化人類学的モデル構築』『パレオアジア文化史学B01-B02班合同会議』国立民族学博物館、2016年11月4日。
  • 野林厚志(2016)「新人文化の形成:文化・行動変化の文化人類学的モデル」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集80頁)。 Nobayashi, A. (2016) The formation of modern human cultures: Perspective of change of culture and human behavior from cultural anthropology. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p.81).
  • 野林厚志・丸川雄三(2016)「生態資源獲得の道具と技巧の人類学的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集86頁)ポスター発表。Nobayashi, A. and Y. Marukawa (2016) An anthropological analysis of tools and techniques for obtaining and processing ecological resources. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5-6, 2016 (Proceedings, p.87), Poster.
  • Ōnishi, H. (2016) Two Different Ancestors of the Ainu People: Roles of the Satsumon Culture and the Okhotsk Culture in Ainu History. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 191).
  • Ōnishi, H. (2016) Enforcement of Foraging Society on the Ainu. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 390).
  • 大西秀之(2016)「モノに刻み込まれた帝政ロシアの植民地経営」『日本シベリア学会第2回研究大会』千葉大学人文社会科学系総合研究棟、2016年11月19日(プログラム6頁)。
  • 大西秀之(2016)「北東アジア地域における多文化集団の接触・交流状況:北海道開拓の開発と政策によるアイヌ社会聖地の創造」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集93頁)ポスター発表。Ōnishi, H. (2016) Contact and Interaction between Multicultural Groups in Northeast Asia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 94), poster.
  • 卯田宗平(2016)「去勢なき家畜飼育のこれから―中国大興安嶺のエヴェンキ族らとトナカイ」、大学共同利用機関法人人間文化研究機構北東アジア地域研究国立民族学博物館拠点月例会、国立民族学博物館、2016年12月1日。
  • 卯田宗平(2016)「生業を裏打ちする文化を探る」、大学共同利用機関シンポジウム2016『研究者に会いに行こう 大学共同利用機関博覧会』、大学共同利用機関主催、秋葉原UDX(東京都千代田外神田)、2016年11月27日。
  • 卯田宗平(2016)「「反馴化」という働きかけ‐中国と日本の鵜飼い漁の事例から」、総合研究「自然観」(前近代を中心とした琵琶湖周辺地域における自然および自然観の通時的変遷に関する研究)研究会、滋賀県立琵琶湖博物館会議室、2016年9月3日。
  • 卯田宗平(2016)「概念を規定し、事例を読みとく-鵜飼研究、中国から日本、そしてマケドニアへ」2016年度海外学術調査フォーラム・ワークショップ『フィールドサイエンスにおけるドキュメンテーション-あつめる・はかる・かぞえる』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(東京都・府中市)、2016年7月9日。
  • 卯田宗平(2016)「中国の鵜飼文化」大阪府高齢者大学校『世界の文化に親しむ科』大阪府社会福祉会館505号室、2016年10月28日。
  • 卯田宗平(2016)「「手段」としての動物と人間とのかかわり」『環境社会学会研究委員会』追手門学院大学梅田サテライト、2016年10月23日。
  • 卯田宗平(2016)「日本の鵜飼文化」大阪府高齢者大学校『世界の文化に親しむ科』大阪府社会福祉会館505号室、2016年10月21日。
  • 卯田宗平(2016)「飛ばねぇカワウはただのカワウだ‐鵜飼研究の魅力を語る」『第459回みんぱくゼミナール』国立民族学博物館講堂、2016年8月20日。
  • 卯田宗平(2016)「鵜飼の世界-日本・中国・ヨーロッパ」国立民族学博物館友の会国内体験セミナー『長良川鵜飼漁見学-鳥と語らい、川とともに生きる』長良川うかいミュージアム、岐阜市長良川鵜飼伝承館、2016年7月14日。
  • 上羽陽子(2016)「物質文化展示の新たな可能性について―国立民族学博物館南アジア展示場を事例に」『第58回 意匠学会大会』京都精華大学、2016年7月31日、ポスター発表。
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2016)「南アジアにおける糸素材および織機の技術民族誌的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学B01-B02班合同会議』(代表:野林厚志)、国立民族学博物館第4演習室、2016年10月31日。
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2016)「南アジアにおける糸素材および織機の技術民族誌的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集88頁)ポスター発表。Ueba, Y., M. Kanetani, and A. Nakatani, (2016) An ethnographic analysis of technologies to produce yarn material and looms in South Asia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 89). poster.
  • Yamanaka, Y. (2016) At the Crossroads of Global Cultural History: from a ‘Far Eastern’ Perspective. International Comparative Literature Association 2016, University of Vienna, Vienna, July 23, 2016.
  • 山中由里子(2016)「想像界の生物相:生態系と人間の想像力の相関関係の比較文化的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集84頁)。Yamanaka, Y. (2016) The biota of the imaginary: a comparative study on interrelation between ecosystems and the human imagination. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 85).