Cultural History of PaleoAsia

Scientific Research on Innovative Areas,
a MEXT Grant-in-Aid Project
FY2016-2020

A01: A chrono-spatial framework for the emergence of modern humans and their cultures in Asia

2018 | 2017 | 2016

2018

 

出版物 Publications

著編書 Books

  • Nishiaki, Y. and T. Akazawa (eds.) (2018) The Middle and Upper Paleolithic Archeology of the Levant and Beyond. Singapore: Springer Nature.

雑誌論文 Journal articles

  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov, A. Rajabov, B. Sayfullayev, H. Nakata, S. Arai, and C. Akashi (2018) Prehistoric caves and rockshelters in the Machay Valley, Surkhandarya, South Uzbekistan. Rafidan 38: 31–41.
  • 西秋良宏 (2018) 「旧石器時代の時期区分」『考古学ジャ–ナル』708:1。
  • 野口 淳 (2018) 「総論:これからの旧石器研究」『考古学ジャ–ナル』708:3–5。
  • 野口 淳・渡邊 玲 (2018) 「石器形態研究の新地平:幾何形態測定学、三次元計測、数量化・定量分析」『考古学ジャ–ナル』708:20–24。

書籍掲載論文 Book chapters

  • Kondo, Y., K. Sano, T. Omori, A. Abe-Ouchi, W. -L. Chan, S. Kadowaki, M. Naganuma, R. O’ishi, T. Oguchi, Y. Nishiaki, and M. Yoneda (2018) Ecological niche and least–cost path analyses to estimate optimal migration routes of Initial Upper Palaeolithic populations to Eurasia. In: The Middle and Upper Paleolithic Archeology of the Levant and Beyond, edited by Y. Nishiaki and T. Akazawa, pp. 199–212. Singapore: Springer Nature.
  • Nishiaki, Y. (2018) Initial Upper Paleolithic elements of the Keoue Cave, Lebanon. In: The Middle and Upper Paleolithic Archeology of the Levant and Beyond, edited by Y. Nishiaki and T. Akazawa, pp. 71–86. Singapore: Springer Nature.
  • Nishiaki, Y. and T. Akazawa (2018) Archaeological issues on the Middle and Upper Paleolithic Archeology of the Levant and Beyond. In: The Middle and Upper Paleolithic Archeology of the Levant and Beyond, edited by Y. Nishiaki and T. Akazawa, pp. 1–8. Singapore: Springer Nature.
  • 西秋良宏 (2018) 「野外調査の方法と実際」『新訂考古学』早乙女雅博・設楽博巳編:23–42、放送大学教育振興会。
  • 西秋良宏 (2018) 「海外の考古学—西アジア」『新訂考古学』早乙女雅博・設楽博巳編:261–280、放送大学教育振興会。
  • 西秋良宏・O.アリプジャノフ・R.スレイマノフ・O.エンゲシェッド・仲田大人 (2018) 「北ユ–ラシアの旧人・新人交替劇–第5次ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2017年)」『古代オリエント世界を掘る–第25回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会編。
  • 西秋良宏・F.キリエフ・A.ザイナロフ・M.マンスロフ・下釜和也・仲田大人・赤司千恵・新井才二・池山史華 (2018) 「南コーカサス地方の新石器時代–日本・アゼルバイジャン調査団第10次発掘調査(2017年)」『古代オリエント世界を掘る–第25回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会編。

領域出版物 Project volumes

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • 国武貞克(2018)A01セミナー「カザフ平原から古日本列島へ:ユーラシア広域編年の可能性」奈良文化財研究所平城宮跡資料館、2018年3月6日。

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • Ishida H.(2018) Research summaries of the Hamanaka 2 excavations, Rebun, Hokkaido. Final Workshop Baikai-Hokkaido Archaeological Project. Holocene Hunter-Gatherers of Northeast Asia, Hotel Seehof Berlin, Berlin, June 1, 2018.
  • 石田 肇 (2018) 「日本列島人の起源」『第66回日本輸血・細胞治療学会総会特別講演』宇都宮東武ホテルグランデ、宇都宮、2018年5月24日。
  • 石田 肇 (2018) 「オホ–ツク人の骨を知る・学ぶ」『人類学と考古学を知る・学ぶ6』北海道埋蔵文化財センター、2018年1月20日。
  • 近藤康久・西秋良宏(2018)「人文学の可視化による学融合領域の創出 —人文学と情報学のチームサイエンス」第32回人間文化研究機構シンポジウム『人文知による情報と知の体系化—異分野融合で何をつくるか』一橋講堂、2018年2月26日。
  • 西秋良宏・O. アリプジャノフ・R. スレイマノフ・O. エンゲシェッド・仲田大人(2018)「北ユーラシアの旧人・新人交替劇―第5次ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2017年)」『古代オリエント世界を掘る-第25回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会。池袋サンシャインシティ、2018年3月24–25日。
  • 西秋良宏・F. キリエフ・A. ザイナロフ・M. マンスロフ・下釜和也・仲田大人・赤司千恵・新井才二・(2018)「南コーカサス地方の新石器時代―日本・アゼルバイジャン調査団第10次発掘調査(2017年)」『古代オリエント世界を掘る-第25回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会。池袋サンシャインシティ、2018年3月24–25日。
  • Noguchi, A. (2018) Between Handaxe and Microlithic: Middle Palaeolithic in South Asia and its implications for modern human dispersals. The 6th International Congress of Society of South Asian Archaeology (SOSAA), Indian Museum, Kolkata, India, March 17–19, 2018.
  • 野口 淳(2018)「中部高地の後期旧石器時代遺跡―データベースからみた立地と分布―」『唐沢B遺跡 発掘50周年 神子柴遺跡発掘60周年 記念シンポジウム「神子柴系石器群とは何か」 ・長野県旧石器研究交流会2018』浅間縄文ミュージアム、2018年2月3日(予稿集15–19頁)。
  • 野口 淳(2018)「デジタル時代の手軽な調査記録方法–パキスタンでの取り組み事例–」『公開シンポジウム 最新科学による西アジア文化遺産の調査と保護』名古屋大学、2018年2月10日 (予稿集39–42頁)。

2017

 

出版物 Publications

著編書 Books

  • 原 隆一・南里浩子・西秋良宏(2017)『大野盛雄教授旧蔵人文地理資料目録』東京大学総合研究博物館標本資料目録第115号。Hara, R., H. Nanri, and Y. Nishiaki (2017) Catalogue of Human Geography Materials in the Morio Ono Collection. The University Museum, The University of Tokyo, Material Reports No. 115. Tokyo: The University Museum, The University of Tokyo.
  • Nishiaki, Y. and S. Kume (eds.) (2017) Special Issue: Papers in Honor of Professor Katsuhiko Ohnuma on the Occasion of His Seventieth Birthday. Rafidan 37. Tokyo: Kokushikan University.
  • 西秋良宏・三國博子(2017)『小堀巌教授旧蔵沙漠誌コレクション目録第1部:考古民族資料』東京大学総合研究博物館標本資料目録第111号。Nishiaki,Y. and H. Mikuni (2017) Archaeological and Ethnographic Materials. Catalogue of Arid Land Research Materials in the Iwao Kobori Collection, Part 1. The University Museum, The University of Tokyo, Material Reports No. 111. Tokyo: The University Museum, The University of Tokyo.

雑誌論文 Journal articles

  • Akiyama, T., T. Katsumura, S. Nakagome, S. Lee, K. Joh, H. Soejima, K. Fujimoto, R. Kimura, H. Ishida, T. Hanihara, A. Yasukouchi, Y. Satta, S. Higuchi, and H. Oota (2017) An ancestral haplotype of the human PERIOD2 gene associated with reduced sensitivity to light-induced melatonin suppression. PLoS ONE. DOI: 10.1317/journal.pone.0178373
  • 有光秀行・浦野 聡・西秋良宏・太田博樹・米田 穣・中山一大 (2017) 「ゲノム研究は歴史を変える–西ユ–ラシアの農耕–牧畜・移動–定住研究の現在」『西洋史研究』46: 172–189。
  • Itahashi, Y., Y. Miyake, O. Maeda, O. Kondo, H. Hongo, W. Van Neer, Y. Chikaraishi, N. Ohkouchi, and M. Yoneda (2017) Preference for fish in a Neolithic hunter-gatherer community of the upper Tigris, elucidated by amino acid d15N analysis. Journal of Archaeological Science, 82: 40–49. DOI: 10.1016/j.jas.2017.05.001
  • Kadowaki, S., K. Ohnishi, S. Arai, F. Guliyev, and Y. Nishiaki (2017) Mitochondrial DNA analysis of Neolithic goats in the southern Caucasus: implications for the domestication of goats in west Asia. International Journal of Osteoarchaeology 27: 245–260. DOI: 10.1002/oa.2534
  • 加藤真二訳(2017)「霊井許昌人遺跡2014年発掘報告(李 占揚・趙 清坡・李 雅楠著)」『旧石器考古学』82:41–60。
  • 木崎小丸山遺跡学術発掘調査団(松藤和人・上峯篤史・藪田みゆき・渡邊貴亮・呉谷有哉・朝井琢也・安岡早穂・山口誠司・岸本晴菜)(2017)「長野県木崎小丸山旧石器遺跡の研究」『旧石器考古学』82:1–26。
  • Kondo, O., H. Fukase, and T. Fukumoto (2017) Regional variations in the Jomon population revisited on craniofacial morphology. Anthropological Science, 125: 85–100.
  • Liu, X. Y., D. S. Lu, W. Y. Saw, P. J. Shaw, P. Wangkumhang, C. Ngamphiw, S. Fucharoen, W. Lert-itthiporn, K. Chin-inmanu, T. N. B. Chau, K. Anders, A. Kasturiratne, H. J. de Silva, T. Katsuya, R. Kimura, T. Nabika, T. Ohkubo, Y. Tabara, F. Takeuchi, K. Yamamoto, M. Yokota, D. Mamatyusupu, W. J. Yang, Y. J. Chung, L. Jin, B. P. Hoh, A. R. Wickremasinghe, R. H. Ong, C. C. Khor, S. J. Dunstan, C. Simmons, S. Tongsima, P. Suriyaphol, N. Kato, S. H. Xu, and Y. Y. Teo (2017) Characterising private and shared signatures of positive selection in 37 Asian populations. European Journal of Human Genetics 25(4): 499–508. DOI: 10.1038/ejhg.2016.181
  • 麻柄一志(2017)「日本海側の地域-国府石器群の成立と展開-」『考古学ジャーナル』698:5–9。
  • 麻柄一志(2017)「書評『山崎真治 島に生きた旧石器人・沖縄の洞穴遺跡と人骨化石』」『旧石器考古学』82:83–86。
  • Michikawa, T., H. Suzuki, M. Moriguchi, N. Ogihara, O. Kondo, and Y. Kobayashi (2017) Automatic extraction of endocranial surfaces from CT images of crania. PLoS ONE, 12: e0168516. DOI: 10.1371/journal.pone.0168516
  • Naka, I., T. Furusawa, R. Kimura, K. Natsuhara, T. Yamauchi, M. Nakazawa, Y. Ataka, T. Ishida, T. Inaoka, Y. Matsumura, R. Ohtsuka, and J. Ohashi (2017) A missense variant, rs373863828–A (p.Arg457Gln), of CREBRF and body mass index in Oceanic populations. Journal of Human Genetics 62(9): 847–849. DOI: 10.1038/jhg.2017.44
  • Nishiaki, Y. (2017) Domestic flake production technology of the Early Bronze Age in Upper Mesopotamia: Tell Ghanem Al-Ali (Syria) and Telul eth-Thalathat V (Iraq). Rafidan 37: 47–53.
  • Nishiaki, Y., F. Guliyev, S. Kadowaki, and T. Omori (2017) Neolithic residential patterns in the southern Caucasus: Radiocarbon analysis of rebuilding cycles of mudbrick architecture at Göytepe, west Azerbaijan. Quaternary International https://doi.org/10.1016/j.quaint.2017.09.015
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov, R. Soleymanov, A. Rajabov, H. Nakata, T. Miki, and S. Arai (2017) An archaeological reconnaissance survey of caves and rockshelters in the Kashkadarya Valley, South Uzbekistan, 2014. Bulletin of the Ancient Orient Museum 36: 1–11.
  • Nishiaki, Y., M. Yoneda, Y. Kanjou and T. Akazawa (2017) Natufian in the north: The Late Epipalaeolithic cultural entity at Dederiyeh Cave, northwest Syria. Paléorient 43(2): 7–24.
  • 西秋良宏(2017)「シリアからコーカサスへ—西アジア初期農耕の拡散を追って」『oriente』55: 10–16。
  • 西秋良宏(2017)「石器、西アジア、文明」『チャスキ』55: 13–15。
  • 西秋良宏 (2017) 「西アジア発、『新石器革命』とその拡散」『西洋史研究』46:121–131。
  • 西秋良宏 (2017) 「現生人類到来以前の西アジア」『季刊考古学』141:21–24。
  • 野口 淳(2017)「文化遺産の三次元記録への取組みと課題-パキスタンの事例」『季刊考古学』140:68–71。
  • 野口 淳(2017)「3D記録への熱いまなざし」『季刊考古学』140:84–85。
  • 野口 淳・千葉 史・横山 真・神田和彦(2017)「秋田県における後期旧石器時代前半期の石斧(斧形石器)の再検討-3D計測にもとづく形態分析への予察-」『秋田考古学』61:116。
  • 野口 淳・Q. H. マッラー・G. M. ヴィーサル・横山 真・千葉 史・下岡順直・N. シェイフ・近藤英夫(2017)「インダス川中下流域における先史時代石器群の編年的考察-ヴィーサル・ヴァレー遺跡群出土・採集資料の評価を中心に-」『西アジア考古学』18:47–64。
  • Sawafuji, R., E. Cappellini, T. Nagaoka, A. K. Fotakis, R. R. Jersie-Christensen, J. V. Olsen, K. Hirata, and S. Ueda (2017) Proteomic profiling of archaeological human bone. Royal Society Open Science 4: 161004. DOI: 10.1098/rsos.161004
  • 高倉 純(2017)「黒曜石製石器資料を対象とした剥離技術研究」『長野県考古学会誌』154:95–104。
  • Takeuchi, F., T. Katsuya, R. Kimura, T. Nabika, M. Isomura, T. Ohkubo, Y. Tabara, K. Yamamoto, M. Yokota, X. Y. Liu, W. Y. Saw, D. Mamatyusupu, W. J. Yang, S. H. Xu, Y. Y. Teo, and N. Kato (2017) The fine-scale genetic structure and evolution of the Japanese population. PLoS ONE 12(11): e018548. DOI: 10.1371/journal.pone.0185487
  • 上峯篤史・大塚宜明・金成太郎(2017)「滋賀県大津市真野遺跡の旧石器―湧別系細石刃核をふくむ資料群の発見―」『旧石器考古学』82:71–82。
  • 卜部厚志・酒井英雄・麻柄一志(2017)「富山湾沿岸地域における潟湖の成立年代-貝塚および低湿地遺跡の成立に関して-」『大境』36:31–42。
  • Watanabe, Y., T. Moriya, J. Takakura, F. Satoh, and T. Koike (2017) Development of teaching materials for international course students on the ancient forest culture of the Hokkaido University Campus. Eurasian Journal of Forest Research 20: 27–38.
  • Yamaoka, T. (2017) Shooting and stabbing experiments using replicated trapezoids. Quaternary International 442, Part B: 55–65. DOI: https://doi.org/10.1016/j.quaint.2016.08.007
  • 山岡拓也・橋詰 潤(2017)「II.新潟県真人原遺跡D地点第6次調査」『静岡大学人文社会科学部 考古学研究室調査研究集報2016』:3–6。

書籍掲載論文 Book chapters

  • Akazawa, T. and Y. Nishiaki (2017) The Palaeolithic cultural sequence of Dederiyeh Cave. In: Quaternary of the Levant: Environments, Climate Change, and Humans, edited by Y. Enzel and O. Bar-Yosef, pp. 307–314. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, and T. Akazawa (2017) The Yabrudian industry of Dederiyeh Cave, Northwest Syria. In: Vocation Préhistoire–Hommage à Jean-Marie Le Tensorer, edited by D. Wojtczak, M. Al Najjar, R. Jagher, H. Elsuede, F. Wegmüller, and M. Otte, pp. 295–304. ERAUL 148. Liège: Université de Liège.
  • Nishiaki, Y. and M. Le Mière (2017) The oldest Neolithic pottery at Tell Seker al-Aheimar, the Upper Khabur, Northeast Syria. In: The Emergence of Pottery in West Asia: The Search for the Origin of Pyrotechnology, edited by A. Tsuneki, O. Nieuwenhuyse and S. Campbell, pp. 43–54. Oxford: Oxbow Books.
  • 西秋良宏(2017)「中央アジア西部における旧石器時代の山岳利用について」『キルギスとその周辺地域における遊牧社会の形成』大沼克彦・久米正吾編:3−9、株式会社shiki。
  • 西秋良宏 (2017) 「中央アジアにおける現生人類出現プロセスを探る」『2016年度中央アジア遺跡調査報告会資料集』帝京大学文化財研究所、帝京大学シルクロ–ド総合学術研究センター編:3–4。
  • 西秋良宏 (2017) 「中央アジア山麓部への食料生産経済の拡散と展開:ウズベキスタン旧石器遺跡調査2017」『第一回シルクロ–ド学研究会報告集』帝京大学シルクロ–ド総合学術研究センター編:1–4、帝京大学文化財研究所。
  • 西秋良宏・O. アリプジャノフ・R. スレイマノフ・B. セイフライエフ・O. エンゲシェッド・仲田大人・新井才二(2017)「北ユーラシアの旧人・新人交替劇―第4次ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2016年)」『古代オリエント世界を掘る-第24回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会編:48–52。
  • 西秋良宏・F. キリエフ・A. ザイナロフ・M. マンスロフ・下釜和也・仲田大人・赤司千恵・新井才二(2017)「南コーカサス地方の新石器時代―日本・アゼルバイジャン調査団第9次発掘調査(2016年)」『古代オリエント世界を掘る-第24回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会編:74–78。
  • 髙倉 純(2017)「細石刃と細石刃技術―用語概念をめぐる問題点―」『旧石器時代の知恵と技術の考古学』安蒜政雄先生古希記念論文集刊行委員会編:61–74、雄山閣。
  • 上峯篤史・金成太郎(2017)「陶器町遺跡出土黒曜岩製剝片の原産地推定」『長岡京市埋蔵文化財発掘調査資料選(八)』公益財団法人長岡京市埋蔵文化財センター編:7–10。
  • 山岡拓也 (2017) 「打製石器の研究からわかる人間行動–台形様石器から明らかにする日本列島の初期現生人類の活動内容–」『ふじのくに地球環境史ミュ–ジアム企画展図録 先史時代の輝き–旧石器・縄文時代の人と環境–』87–89、ふじのくに地球環境ミュ–ジアム。

領域出版物 Project volumes

  • 石田 肇・當山武知・石田浩太朗(2017)「アジアの人類化石」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:59–64。
  • 松藤和人(2017)「パレオアジア文化史学A01班東アジア班2016年度報告」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:31–32。
  • 仲田大人(2017)「日本列島におけるホモ・サピエンスの出現と定着:集団サイズとの関係」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:65–78。
  • 西秋良宏(編)(2017)『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』。
  • 西秋良宏(2017)「はじめに」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:i。
  • 西秋良宏(2017)「アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築 —2016年度の取り組み」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:1–9。
  • 野口 淳(2017)「南アジア・アラビア半島へのホモ・サピエンスの拡散-考古学的調査研究の現状と課題-」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:35–42。
  • 高倉 純(2017)「北アジアにおける現生人類の出現と中期旧石器~後期旧石器時代初頭石器群の年代をめぐる研究の現状」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:43–58。
  • 山岡拓也(2017)「2016年度の東南アジア遺跡編年に関わる活動報告」『アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築1(「パレオアジア」A01班2016年度研究報告)』西秋良宏編:33–42。

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • 松藤和人(2017)『東アジアにおけるホモ・サピエンス出現前後の考古学(「パレオアジア」A01東アジア班国際セミナー2017)』同志社大学新町学舎臨光館208教室、2017年2月25日。
  • Nishiaki, Y. (2017) A01 Seminar: Novel 3D, Geometric Morphometric and Multivariate Approaches to Lithic Analysis. The University Museum, The University of Tokyo, November 17, 2017.
  • Nishiaki, Y., S. Kadowaki, A. Noguchi, R. Ono, and M. Suzuki (2017) International Workshop: Across the Movius Line-Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene. INTERMEDIATEQUE, JP Tower Museum, Tokyo, November 18–19, 2017.
  • 西秋良宏(2017)『ダムジリ遺跡発掘調査現地説明会』カザフ県、アゼルバイジャン、2017年7月29日。
  • 西秋良宏(2017)『パレオアジアDB研究会』東京大学総合研究博物館、2017年9月3日。
  • 西秋良宏(2017)『先史時代のフード・グローバリゼーションと辺境:キルギス高地の事例から』日本学術振興会外国人研究者短期招聘事業・新学術領域パレオアジア文化史学共催、東京大学総合研究博物館、2017年10月17日。
  • 西秋良宏・久米正吾・鈴木美保(2017)『石器技術研究会 —日本列島と西アジア』石器技術研究会、東京大学インターメディアテク、2017年6月17日。
  • 山岡拓也・井口美奈・萩原涼太・平林和真・堀畑大輝・山本康平(2017)『トピックス展 3万5千年前の狩猟具-静岡県沼津市土手上遺跡から出土した台形様石器の研究-』(平成28年度静岡大学地域連携応援プロジェクト「愛鷹山麓出土の旧石器資料に関する展示コンテンツの開発」事業[代表者:山岡拓也]として実施)ふじのくに地球環境史ミュージアム ホットトピックギャラリー、2017年2月21日–3月5日。
  • 山岡拓也・井口美奈・萩原涼太・平林和真・堀畑大輝・山本康平(2017)『静岡大学人文社会科学部考古学研究室企画展示 3万5千年前の狩猟具-静岡県沼津市土手上遺跡から出土した台形様石器の研究-』(平成28年度静岡大学地域連携応援プロジェクト「愛鷹山麓出土の旧石器資料に関する展示コンテンツの開発」事業[代表者:山岡拓也]として実施)沼津市文化財センター資料展示室、2017年3月20日–4月2日。
  • 山岡拓也・髙倉 純(2017)『日本列島における新人文化の形成過程(「パレオアジア」A01班研究集会)』静岡大学静岡キャンパス、2017年3月4日。

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • 赤司千恵・F. キリエフ・丹野研一・西秋良宏 (2017) 「南コ–カサスにおける初期農耕–出土植物デ–タからみた研究の現状」『日本オリエント学会第59回大会』東京大学、2017年10月29–30日 (予稿集19頁)。
  • Arai, S., A. Zeynalov, M. Mansurov, F. Guliyev, and Y. Nishiaki (2017) Faunal assemblages in the Mesolithic-Neolithic transition of the Southern Caucasus: a view from Damjili Cave, West Azerbaijan. Paper presented at the 13th International Symposium on the Archaeozoology of Southwest Asia, Nicosia, June 10–14, 2017.
  • 藤木利之・北川浩之・西秋良宏(2017)「ウズベキスタン・アンギラク洞窟の中期旧石器時代層の花粉分析」 『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10日–12日(予稿集53–54頁)。
  • Ishida H. (2017) Morphological characteristics and bioarchaeology of the Asian and Japanese human populations. The Potential and Possibility of Physical Anthropology Study in East Asia, National Taiwan University, December 2–3, 2017.
  • 石田 肇(2017)「形態とゲノムから探る琉球列島のヒト」『 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会特別講演』長崎大学医学部、2017年3月30日。
  • 石田 肇 (2017) 「オホーツク文化人と琉球人:アイヌ民族との接点を求めて」『考古学・人類学とアイヌ民族—最新の研究成果と今後の研究のあり方—』東京大学、2017年12月17日。
  • 石田 肇・當山武知・石田浩太朗(2017)「2010年以降に報告されたアジアにおけるヒト化石」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学博物館、2017年2月10日–12日(予稿集24–25頁)。
  • Kadowaki, S. and Y. Nishiaki (2017) Dating cultural dynamics during the dispersals of anatomically modern humans and agriculture in western Eurasia. The Fourteenth International AMS Conference, The University of Ottawa, Ottawa, Canada, August 14–18, 2017.
  • 加藤真二(2017)「中国北部の旧石器時代装身具」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10–12日(予稿集18–21頁)。
  • 加藤真二(2017)「中国の後期旧石器文化の起源と展開」『東アジアにおけるホモ・サピエンス出現前後の考古学:パレオアジアA01東アジア班国際セミナー2017』同志社大学新町学舎臨光館208教室、2017年2月25日(予稿集17–22頁)。
  • 加藤真二(2017)「中国東部における新人出現期の様相」『パレオアジアA01東アジア班国際セミナー2017 』静岡大学静岡キャンパス、2017年3月4日。
  • 加藤真二・山岡拓也 (2017) 「東アジア・東南アジア旧石器時代石器群類型化の試み」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集24頁)。Kato, S. and T. Yamaoka (2017) Chrono-spatial patterning of the Late Pleistocene lithic assemblages from East and Southeast Asia. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 25).
  • 木村亮介(2017)「バイカル古人骨のゲノム解析可能性調査」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集25頁)。Kimura, R. (2017) A feasibility study on genome analysis of ancient humans in the Lake Baikal area. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 26).
  • 木村亮介(2017)「バイカル古人骨のゲノム解析可能性調査(第2報)」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集78頁)。Kimura, R. (2017) A feasibility study on genome analysis of ancient humans in the Lake Baikal area (Part 2). The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 79). poster
  • 近藤 修(2017)「西アジア旧石器人類化石の形態学的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集27頁)。 Kondo, O. (2017) Late Pleistocene human fossil remains in West Asia. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 28).
  • 近藤 修(2017)「シリア・デデリエ洞窟3号幼児人骨」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集45頁)。Kondo, O. (2017) Infant human skeleton No. 3 uncovered from Dederiyeh Cave in Syria. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 46).
  • 近藤康久・野口 淳・北川浩之(2017)「オマーンにおける先史遺跡調査:2016年度概報」 『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10–12日(予稿集50頁)。
  • 国武貞克(2017)「カザフスタンにおける後期旧石器文化形成プロセスの研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集29頁)。Kunitake, S. (2017) Study of the formation process of Upper Paleolithic culture in Kazakhstan. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 30).
  • 国武貞克(2017)「カザフスタン南部における後期旧石器時代遺跡の踏査」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集43頁)。Kunitake, S. (2017) General archaeological survey for Upper Paleolithic sites in southern Kazakhstan. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 44).
  • Lee, Y. j., K. Matsufuji, K. D. Bae, J. Y. Woo, S. W. Lee, G. R. Kim, and K. W. Lee (2017) Dating of Mansuri Paleolithic site in Cheongju and its significances. 2017 International Symposium of ICPHY & IEAA. International Symposium of Palaeolithic Archaeology in Eurasia, Hanyang University Institute of Cultural Properties. Institute of East Asian Archaeology, August 17–21, 2017 (Proceedings, pp. 5–11).
  • 麻柄一志・上峯篤史・竹花和晴・松藤和人(2017)「レス-古土壌編年から見た旧石器編年―中国山西省丁村遺跡群を例として―」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10–12日(予稿集26–28頁)。
  • 松藤和人 (2017)「東アジアにおける新人出現期の様相」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集8–11頁)。 Matsufuji, K. (2017) Phases of Homo sapiens’s appearance stage in East Asia. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, pp. 12–14).
  • 松藤和人・麻柄一志・竹花和晴 (2017) 「東アジアにおける後期更新世石器群の技術類型学上の研究法について」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集26–27頁)。Matsufuji, K., H. Magara, and K. Takehana (2017) Methodological issues in the research of Upper Pleistocene lithic industries of East Asia. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, pp. 28–29).
  • 松藤和人・中川和哉(2017)「韓国における最近の旧石器研究―時間尺度としてのレスー古土壌編年の有効性―」『「パレオアジア」A01東アジア班国際セミナー2017』静岡大学静岡キャンパス、2017年3月4日。
  • Nakagawa, K. (2017) The Upper Palaeolitic culture of the west part of Japan and Korea during the Last Glacial Maximum (LGM). 2017 International Symposium of ICPHY & IEAA, International Symposium of Palaeolithic Archaeology in Asia, Korea Foundation Global Centre, Soul, Korea, August 17–21, 2017 (Proceedings, pp. 44–46).
  • 中川和哉(2017)「朝鮮半島におけるホモ・サピエンス出現前後の様相 」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:A01東アジア班国際セミナー2017(東アジアにおけるホモ・サピエンス出現前後の考古学)』同志社大学新町学舎、2017年2月25日(予稿集23–26頁)。
  • 中沢祐一・長沼正樹・廣松滉一・赤井文人・尾田識好・吉留頌平・中村雄紀・内田和典・種石 悠・富塚 龍・高倉 純・出穂雅実(2017)「北海道東北部・北見盆地における現生人類遺跡の考古学的調査: 共栄3遺跡(置戸町)の試掘調査の成果」 『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集72頁)。Nakazawa, Y., M. Naganuma, K. Hiromatsu, F. Akai, N. Oda, S. Yoshidome, Y. Nakamura, K. Uchida, Y. Taneishi, R. Tomizuka, J. Takakura, and M. Izuho (2017) An archaeological research of modern humans in the Kitami Basin, northeastern Hokkaido: A preliminary result of the test excavation at the Kyoei 3 site in Oketo Town, northeastern Hokkaido. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, pp. 73). poster
  • 仲田大人(2017)「新人が出現する頃の行動多様性」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A01班研究会』静岡大学静岡キャンパス人文社会科学部E棟1101教室、2017年3月4日。
  • 仲田大人(2017)「日本旧石器時代の装飾品」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集15頁)。Nakata, H. (2017) The ornamentation of the Japanese Palaeolithic. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 16).
  • Nishiaki, Y. (2017) Opening remarks. The 2nd Conference on the Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, February 10-12, 2017.
  • Nishiaki, Y. (2017) Archaeological issues on the emergence of modern humans in the Zagros Mountains and beyond. The 2nd Conference on the Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Nagoya, February 10-12, 2017. (Proceedings, pp. 8–9).
  • Nishiaki, Y. (2017) General discussion. JSPS seminar: The Effect of Geographical Margins to Food Globalization in Prehistory, The University Museum, The University of Tokyo, October 17, 2017.
  • Nishiaki, Y. (2017) General discussion. JSPS seminar: Dispersals of Farming across Eurasia, Nara National Institute for Cultural Properties, Nara, November 10, 2017.
  • Nishiaki, Y. (2017) Opening remarks. International Workshop: Across the Movius Line: Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene, The University Museum, The University of Tokyo, November 18–19, 2017.
  • Nishiaki, Y. (2017) The PaleoAsia project overview. International Workshop: Cultural Evolution during the Modern Human Dispersals, Nakano Campus, Meiji University, Tokyo, November 27–29, 2017.
  • Nishiaki, Y., Y. Kanjou, and T. Akazawa (2017) The Yabrudian industry of Dederiyeh Cave, Northwest Syria. Vocation Préhistoire – Hommages à Jean-Marie Le Tensorer. Kaiseraugst, Basel, Switzerland. June 7–9, 2017.
  • 西秋良宏(2017)「中央アジアにおける現生人類出現プロセスを探るーウズベキスタン旧石器遺跡調査2012–2016」『中央アジア遺跡調査報告会』帝京大学文化財研究所、2017年1月21–22日(収録集3–4頁)。
  • 西秋良宏(2017)「西アジアからコーカサスへ-初期農村の拡散と社会」『南コーカサス農耕牧畜の起源を探る展・記念講演会』古代オリエント博物館、2017年2月25日。
  • 西秋良宏(2017)「はじめに」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日。Nishiaki, Y. (2017) Opening remarks. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017.
  • 西秋良宏(2017)「北メソポタミア青銅器時代の石器製作技術」公開シンポジウム『石器技術研究会—日本列島と西アジア』東京大学インターメディアテク、2017年6月17日。
  • 西秋良宏(2017)「西アジアの前・中期旧石器時代移行期の人類史的意義について」『日本西アジア考古学会第21回総会・大会』天理大学、2017年7月1–2日。
  • 西秋良宏(2017)「レバノン、ケウエ洞窟出土石器群の再検討—いわゆるIUP関連石器を中心に」『日本西アジア考古学会第21回総会・大会』天理大学、2017年7月1–2日。
  • 西秋良宏(2017)「パレオアジアDBの定量的分析に向けて」『パレオアジアDB研究会』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01研究会、東京大学、2017年9月3日。
  • 西秋良宏(2017)「西アジアとその周辺の考古学」『公開講演会』アンデス文明研究会、東京外国語大学、2017年9月16日。
  • 西秋良宏 (2017) 「泥壁のアーキテクチャ」『建築博物学教室』東京大学総合研究博物館小石川分館、2017年10月21日。
  • 西秋良宏 (2017) 「考古学にみる音とその周辺」『平成29年度学芸員専修コ–ス』東京大学総合研究博物館、2017年11月16日。
  • 西秋良宏 (2017) 「趣旨説明」「総合討論」『日本学術振興会外国人研究者短期招聘事業国際シンポジウム』東京芸術大学、2017年11月25日。
  • 西秋良宏 (2017) 「中央アジア山麓部への食料生産経済の拡散と展開:ウズベキスタン旧石器遺跡調査2017」『第1回シルクロ–ド学研究会』帝京大学文化財研究所、2017年12月2–3日 (予稿集1—4頁)。
  • 西秋良宏 (2017) 「はじめに」「総合討論」「閉会の辞」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日。Nishiaki, Y. (2017) Opening Remarks, Discussion, and Closing remarks. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017.
  • 西秋良宏・O. アリプジャノフ (2017) 「ウズベキスタン、テシク・タシュ洞窟出土の中期旧石器時代石器群」『日本オリエント学会第59回大会』東京大学、2017年10月29–30日 (予稿集16頁)。
  • 西秋良宏・O. アリプジャノフ・R. スレイマノフ・B. セイフライエフ・O. エンゲシェッド・仲田大人・新井才二(2017)「北ユーラシアの旧人・新人交替劇―第4次ウズベキスタン旧石器遺跡調査(2016年)」『古代オリエント世界を掘る-第24回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会。池袋サンシャインシティ、2017年3月25–26日。
  • 西秋良宏・F. キリエフ・A. ゼイナロフ・M. マンスロフ・下釜和也・仲田大人・赤司千恵・新井才二(2017)「南コーカサス地方の新石器時代―日本・アゼルバイジャン調査団第9次発掘調査(2016年)」『古代オリエント世界を掘る-第24回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会。池袋サンシャインシティ、2017年3月25–26日。
  • 西秋良宏・野林厚志・門脇誠二・北川浩之・若野友一郎・赤司千恵(2017)「パレオアジア文化史学 —新人文化形成プロセス総合的研究にむけた海外学術調査の統合の試み」平成29年度『海外学術調査フォーラム(海外学術調査フェスタ)』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、2017年7月1日。
  • 西秋良宏・野口 淳(2017)「旧世界中後期旧石器時代の装身具からみたヒトと文化」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集6頁)。Nishiaki, Y. and A. Noguchi (2017) Variability in personal ornaments in the Middle and Upper Palaeolithic: a global survey. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 7).
  • 西秋良宏・A. ゼイナロフ・M. マンスロフ (2017) 「南コ–カサス地方のムステリアン石器群の変異」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集82頁)。Nishiaki, Y., A. Zeynalov, and M. Munsrov (2017) Investigating industrial variability in the Middle Paleolithic of the southern Caucasus. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 83). poster
  • Noguchi, A. (2017) Development of lithic technological system and socio-economic integration through the early Harappan period: the key role of the northern Sindh and Mohenjodaro. Conference on Mohenjodaro and Indus Valley Civilization, Mohenjodaro Museum, Pakistan, February 9–11, 2017 (Proceedings, pp. 25–26).
  • Noguchi, A. (2017) Morphometrics of the world’s oldest edge ground stone tools in the Japanese Upper Palaeolithic: comparative study on mechanical function of axe-shaped stone tools. MORPH 2017: a conference on the archaeological application of morphometrics, Aarhus University, Aarhus, Denmark, May 4–5, 2017.
  • Noguchi, A. (2017) Recent progress of palaeolithic and palaeoenvironment studies in Pakistan: its contribution to cultural history of PaleoAsia. The 3rd Asian Association for Quaternary Research Conference, Lotte City Hotel, Jeju, Korea, September 4–8, 2017 (Proceedings, 4–8).
  • Noguchi, A. and R. Ono (2017) Introduction. International Workshop: Across the Movius Line: Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene, The University Museum, The University of Tokyo, November 18–19, 2017.
  • 野口 淳(2017)「南アジア・アラビア半島の中期旧石器時代末-後期旧石器時代初頭石器群」 『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10日–12日(予稿集29–30頁)。
  • 野口 淳 (2017)「日本列島の旧石器時代遺跡-データベースから見た分布と立地-」『公開シンポジウム 日本列島における新人文化の形成過程』静岡大学静岡キャンパス、2017年3月4日。
  • 野口 淳 (2017) 「南アジアにおける中期~後期旧石器時代文化の地理的変異-新人出現期にモヴィウスラインはあるか-」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集4頁)。Noguchi, A. (2017) Geographical variation in the Middle and Upper Palaeolithic cultures in South Asia: can ‘Movius Line’ be recognized in the period of modern human emergence? The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 5).
  • 野口 淳(2017)「石器集中部再考-定量分析にもとづく空間分布上の単位性の評価-」『日本旧石器学会第15回研究大会』慶応義塾大学三田キャンパス、2017年7月1日–2日(予稿集17頁)。
  • 野口 淳・日本旧石器学会データベース委員会(2017)「日本旧石器学会データベース委員会の取り組み(1)」『日本旧石器学会第15回研究大会 』慶応義塾大学三田キャンパス、2017年7月1–2日(予稿集44頁)。ポスター
  • 野口 淳(2017)「石器の三次元計測と三次元形態研究」『第2回文化財方法論研究会』国立奈良文化財研究所平城宮跡資料館、2017年9月2–3日。
  • 野口 淳(2017)「手軽さと精確さと使いやすさと:三次元で測ってからどうするの?」『第2回文化財方法論研究会』国立奈良文化財研究所平城宮跡資料館、2017年9月2–3日。
  • 野口 淳 (2017) 「海外における文化遺産の記録・保護と3D技術–社会技術基盤の整備を補う手段として–」『第2回雄山閣百周年記念シンポジウム「3D技術と考古学」・日本情報考古学会第39回大会3D関連特別セッション』明治大学、2017年10月28日 (予稿集7–8頁)。
  • 野口 淳・斎藤あや (2017) 「東京都大田区久ヶ原遺跡採集弥生土器の3D計測–学史的資料を3D化することによって見えたこと–」『日本情報考古学会第39回大会』明治大学、2017年10月29日 (予稿集74–79頁)。
  • 野口 淳・鈴木美保・中村光宏・近藤康久・西秋良宏 (2017) 「南アジア後期旧石器時代幾何学細石器群の起源」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集4頁)。Noguchi, A., M. Suzuki, M. Nakamura, Y. Kondo, and Y. Nishiaki (2017) Origins of crescentic blade tools from the Upper Paleolithic of South Asia. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 5).
  • 野口 淳・横山 真・千葉 史・神田和彦 (2017) 「三次元計測にもとづく日本列島後期旧石器時代初頭の斧形石器の形態分析」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集84頁)。Noguchi, A., S. Yokoyama, F. Chiba, and K. Kanda (2017) 3D morphometric analysis of Early Upper Palaeolithic axe–shaped stone tools in Japanese archipelago. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 85). poster
  • 野口 淳・横山 真・千葉 史・M.ザヒル・M.アゼーム・近藤英夫(2017)「三次元計測と画像解析による海外文化財の記録とデジタル・アーカイブ-パキスタンの事例-」『日本考古学協会第83回総会』大正大学、2017年5月27–28日(予稿集188–189頁)。ポスター
  • Sawafuji, R. (2017) Diversity of food in Edo period: evidence from ancient calculus DNA analysis. Workshop: Human Dispersals and Phenotypic Divergence in Asia, University of the Ryukyus, September 8–11, 2017.
  • Sawafuji, R. (2017) Diversity of food in Edo period: evidence from ancient calculus DNA analysis. JSPS Core–to–Core seminar of Biological Life History and Archaeology and History of Conflict, Naha IT Souzoukan, November 16–18, 2017.
  • Sawafuji, R. (2017) Analysis of food DNA from ancient calculus of Edo people. The Potential and Possibility of Physical Anthropology Study in East Asia, International Symposium, National Taiwan University, December 2–3, 2017.
  • 澤藤りかい・石田 肇(2017)「歯石から見る古代の文化―パレオアジア研究への応用」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集17頁)。Sawafuji, S. and H. Ishida (2017) Culture studies using ancient dental calculus: application to PaleoAsia studies. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 18). ポスター
  • 澤藤りかい・木村亮介・太田博樹・石田 肇 (2017) 「アジア旧石器時代人類の形質、遺伝子にみられる地理的変異」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、12月9–10日(予稿集80頁)。Sawafuji, R., R. Kimura, H. Oota, and H. Ishii (2017) Geographical variation in morphology and genetics of paleolithic human in Asia. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 81). poster
  • 澤藤りかい・佐宗亜衣子・須田 亙・服部正平・植田信太郎 (2017) 「江戸時代人歯石からの食物DNA解析の試み」『第71回日本人類学会大会』東京大学本郷キャンパス、2017年11月3–5日。
  • 鈴木建治・高倉 純(2017)「北極圏の旧石器研究の現状」『日本旧石器学会第15回研究大会』慶応義塾大学、2017年7月2–3日(予稿集30–33頁)。
  • 鈴木美保(2017)「後期旧石器時代前半の刃部磨製石斧の分布-モビウスライン東の石器製作技術-」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集19頁)。Suzuki, M. (2017) Edge-ground stone axes in the Early Upper Palaeolithic of East Asia: An unique lithic technology from east of the Movius Line. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 20).
  • Takakura, J. (2017) The expansion of modern humans in North and East Asia: a perspective and evidence. Seminar of the Institute of the Study of the History of Material Culture, Institute of the study of the history of material culture, Russian academy of sciences, Saint Petersburg, Russia, January 1, 2017.
  • 髙倉 純(2017)「北アジアにおける現生人類の拡散:文化過程の観点から」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10–12日(予稿集16–17頁)。
  • 髙倉 純(2017)「北アジアにおける細石刃技術の出現過程」『北海道旧石器文化研究会2016年度定例研究会』北海道大学、2017年3月19日。
  • 高倉 純(2017)「シビリャチーハ伝統の評価-分布・年代・生業-」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集21頁)。Takakura, J (2017) An overview of the Sibiryachiha tradition: distribution, dates, and subsistence. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 22).
  • 高倉 純(2017)「北アジアIUPの分布と年代」『日本旧石器学会第15回研究大会』慶応義塾大学、2017年7月2–3日(予稿集43頁)。ポスター
  • 髙倉 純・北川浩之・西秋良宏 (2017) 「北ユ–ラシア交替劇にかかわる年代デ–タの定量的解析」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集6頁)。Takakura, J., H. Kitagawa, and Y. Nishiaki (2017) A database of radiocarbon dates from Middle and Upper Paleolithic sites of North Asia. The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 7).
  • 高倉 純・鈴木建治(2017)「北海道ニセコ町西富遺跡における調査」『第18回北アジア調査研究報告会』札幌学院大学、2017年2月18–19日(予稿集15–16頁)。
  • Uemine, A. (2017) 86,000 years ago human habitation of Kizaki-Komaruyama Site (木崎小丸山遺跡) the Central Highland of Japan. ウランムルン遺跡とアジアの旧石器文化, オルドス市博物館, China, July 24, 2017.
  • 上峯篤史(2017)「長野県木崎小丸山遺跡の調査」『国際セミナー2017 東アジアにおけるホモ・サピエンス出現前後の考古学』同志社大学、2017年2月25日(予稿集27–29頁)。
  • 上峯篤史(2017)「Evidence of Human Habitation of 86,000 years ago in Central Japan」『2016年度年次報告会:人はなぜ進化に惹かれるのか ~宇宙・生命・言語・思想における進化の様態比較~』京都大学、2017年4月18日。ポスター
  • 上峯篤史(2017)「東アジアにおける石英製旧石器の変遷と石器製作・使用行動の解明」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集23頁)。Uemine, A. (2017) Elucidation of the chronology and human behavioral pattern reflected in quartz artifacts in East Asia. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 24).
  • 上峯篤史(2017)「8万6000年前を掘る」『土佐塾高等学校ワンデーセミナー2017』土佐塾高等学校、2017年6月17日。
  • 上峯篤史 (2017) 「東アジアにおける石英製石器群の基礎的研究(1)」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会』東京大学、2017年12月9–10日 (予稿集41頁)。Uemine, A. (2017) Fundamental study of quartz Lithic assemblage in East Asia (1). The 4th Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, December 9–10, 2017 (Proceedings, p. 42).
  • 上峯篤史・朝井琢也 (2017) 「島根県松江市鳥ヶ崎遺跡の発掘調査」『旧石器文化談話会第95回定例会』同志社大学、2017年12月23日。
  • Yamaoka, T. (2017) Armatures from 35,000 years ago: study on trapezoids from the Doteue site in Shizuoka Prefecture, Japan. The BINALOT TALKS, the Archaeological Studies Program of the University of the Philippines, Diliman, Quezon City, March 15, 2017.
  • 山岡拓也 (2017) 「日本列島の後期旧石器時代前半期における石器素材利用形態の画期」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A01班研究会』静岡大学静岡キャンパス、2017年3月4日。
  • 山岡拓也(2017)「静岡県沼津市土手上遺跡出土台形様石器の完形資料と欠損資料の分析」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月10日–12日(予稿集22–23頁)。
  • 山岡拓也(2017)「モヴィウスラインの解釈に関する考古学的研究の歴史と現状」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会』国立民族学博物館、2017年5月13–14日(予稿集2頁)。Yamaoka, T. (2017) The History and the State of Archaeological Studies on Interpretations of the Movius Line. The 3rd Conference on Cultural History of PaleoAsia, National Museum of Ethnology, Japan, Osaka, May 13–14, 2017 (Proceedings, p. 3).
  • 山岡拓也 (2017) 「第1回 ホモ・サピエンスの技術と能力とは何か?~世界各地で明らかにされている現代人的行動~」『静岡大学公開講座 ふじのくにのホモ・サピエンス』プラサヴェルデ、2017年6月17日。
  • 山岡拓也 (2017) 「第3回 3万5千年前のハイテク狩猟具~台形様石器の実験考古学~」『静岡大学公開講座 ふじのくにのホモ・サピエンス』プラサヴェルデ、2017年7月8日 。
  • 山岡拓也 (2017) 「第2回 石器の見方—石器の作り方と種類—」『静岡大学キャンパスミュ–ジアム公開講座2017』静岡大学キャンパスミュ–ジアム、2017年10月14日。
  • 山岡拓也 (2017)「黒曜石からわかること」『黒曜石製狩猟具の製作と使用企画展講演会』ふじのくに地球環境史ミュ–ジアム、2017年12月16日。

2016

 

出版物

著編書

  • Matsufuji, K. and A. Uemine (eds.) (2016) Kizaki-Komaruyama Early Paleolithic Site on the central highlands, Japan. Doshisha University Archaeological Laboratory.

雑誌論文

  • Fukase, H., T. Ito, and H. Ishida (2016) Geographic variation in nasal cavity form of three human groups from the Japanese Archipelago: its ecogeographic and functional implications. American Journal of Human Biology, 28: 343–351. DOI: 10.1002/ajhb.22786
  • 加藤真二 (2016) 「中国の前期・中期旧石器文化」『考古学ジャーナル』687:11–15。
  • Koganebuchi, K., K. Haneji, T. Toma, K. Joh, H. Soejima, K. Fujimoto, H. Ishida, M. Ogawa, T. Hanihara, S. Harada, S. Kawamura, and H. Oota (2016) The allele frequency of ALDH2*Glu504Lys and ADH1B*Arg47His for the Ryukyu islanders and their history of expansion among East Asians. American Journal of Human Biology. DOI: 10.1002/ajhb.2293.3
  • 松藤和人(2016)「総論 東アジア前・中期旧石器研究の最前線」『月刊考古学ジャーナル』687:3–6。
  • Nagaoka, T., H. Ishida, and K. Hirata (2016) Paleodemography of the early modern human skeletons from Kumejima (Okinawa, Japan). Quaternary International, 405: 222–232. DOI:10.1016/j.quaint.2014.11.015
  • 仲田大人(2016)「関東地方における旧石器・縄文移行期の問題」『旧石器研究』12: 135–154。
  • 仲田大人(2016)「日本旧石器時代の現代人的行動と交替劇」『現代思想』44(10): 150–164。
  • Nakawaki, T., T. Yamaguchi, M. Isa, A. Kawaguchi, D. Tomita, Y. Hikita, Y. Suzuki-Tomoyasu, M. Adel, H. Ishida, K. Maki, and R. Kimura (2016) Growth hormone receptor gene variant and three-dimensional mandibular morphology. The Angle Orthodontist, 87(1): 68-73. DOI: 10.2319/02316-154.1
  • 野口 淳・横山 真・千葉 史・ M. ザヒル・A. アゼーム・近藤英夫(2016)「パキスタンにおける文化遺産の再記録化プロジェクト(2)-イスラマバード博物館収蔵資料の3D計測とデジタル・アーカイブ化に向けた取り組み-」『日本情報考古学会講演論文集』17: 6–11。
  • Okamoto, Y., H. Ishida, R. Kimura, T. Sato, N. Tsuchiya, S. Murayama, H. Fukase, T. Nagaoka, N. Adachi, M. Yoneda, A. Weber, and H. Kato (2016) An Okhotsk adult female human skeleton (11th/12th century AD) with possible SAPHO syndrome from Hamanaka 2 site, Rebun Island, northern Japan. Anthropological Science, 142: 107–115. DOI: 10.1537/ase.160608
  • Someda, H., T. Gakuhari, J. Akai, Y. Araki, T. Kodera, G. Tsumatori, Y. Kobayashi, S. Matsunaga, S. Abe, M. Hashimoto, M. Saito, M. Yoneda, and H. Ishida (2016) Trial application of oxygen and carbon isotope analysis in tooth enamel fro identification of past-war victims for discriminating between Japanese and US soldiers. Forensic Science International, 261: 166.e1-166.e5, DOI: 10.1016/l/forsciint.2016.02.010
  • Suzuki, S., M. Sunagawa, M. Shindo, R. Kimura, K. Yamaguchi, T. Sato, M. Yoneda, T. Nagaoka, K. Saiki, T. Wakebe, K. Hirata, T. Tsurumoto, and H. Ishida (2016) Degenerative changes in the appendicular joints of ancient human populations from the Japan Islands. Quaternary International, 405: 147–159. DOI:10.1016/j.quaint.2015.03.027
  • 上峯篤史(2016)「日本列島における前・中期旧石器時代研究の現状」『月刊考古学ジャーナル』687:21–25。
  • Uemine, A., K. Matsufuji and M. Shibara (2016) Sedimentological Approach to the Sunaabara Early Palaeolithic Site in Japan. Bulletin of the Society for East Asian Archaeology, 3: 13-18.
  • Yamauchi, T., R. Kimura, A. Kawaguchi, T. Sato, K. Yamaguchi, T. Toma, K. Miyamoto, H. Fukase, T. Yamaguchi, and H. Ishida (2016) A comparative study of craniofacial measurements between Ryukyuan and mainland Japanese females using lateral cephalometric images. Anthropological Science, 124: 45–62. DOI: 10.1537/ase. 151206

書籍掲載論文

  • Akazawa, T. and Y. Nishiaki (2016) Dederiyeh Cave (Afrin). In: A History of Syria in One Hundred Sites, edited by Y. Kanjou and A. Tsuneki, pp. 17–20. Oxford: Archaeopress.
  • Nishiaki, Y. (2016) Techno-typological observations on the flaked stone industry of the early Neolithic settlement of Ganj Dareh, Iran. In: The Neolithic of the Iranian Plateau. Recent Research, edited by K. Roustai and M. Mashkour, pp. 189–208. Berlin: ex oriente. –
  • Nishiaki, Y. (2016) Tell Kosak Shamali (Tishreen). In: A History of Syria in One Hundred Sites, edited by Y. Kanjou and A. Tsuneki, pp. 76–79. Oxford: Archaeopress.
  • Nishiaki, Y. (2016) Tell Seker al-Aheimar (Hassake). In: A History of Syria in One Hundred Sites, edited by Y. Kanjou and A. Tsuneki, pp. 69–71. Oxford: Archaeopress.
  • 西秋良宏(2016)「西アジア洪積世人類遺跡調査」など13項目『UMUT オープンラボ —Hall of Inspiration』東京大学総合研究博物館編、東京大学出版会。
  • 野口 淳・横山 真・千葉 史(2016)「石器研究3.0-3D計測が拓く新たな地平-」『シンポジウム予稿集3D考古学の挑戦-考古遺物・遺構の三次元計測における研究の現状と課題-』城倉正祥ほか編:7–12、早稲田大学総合人文科学研究センター、六一書房。
  • 髙倉 純(2016)「広郷石器群にみられる学習行動と文化伝達」『晩氷期の人類社会—北方先史狩猟採集民の適応行動と居住形態』佐藤宏之・山田 哲・出穂雅実編:147–168、六一書房。
  • 山岡拓也・橋詰 潤(2016)「II.新潟県真人原遺跡D地点第5次調査」『静岡大学人文社会科学部考古学研究室集報2015』:3–7、静岡大学人文社会科学部考古学研究室。

口頭発表

主宰

  • 西秋良宏(2016)『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日
  • Noguchi, A., M. Zahir, and T. Uozu (2016) Session: Archaeology and cultural heritage in modern South Asian countries. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.
  • Raczek, T., P. Shirvalkar, and A. Noguchi (2016) Session: Margins: society and economy in challenging environments. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.
  • Romagnoli, F., Y. Nishiaki, F. Rivals, and M. Vaquero (2016) Session: Multidisciplinary approach in the definition of high-resolution events to interpret past human behaviour. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.­­­­
  • 静岡大学考古学研究室(井口美奈・萩原涼太・平林和真・堀畑大輝・山岡拓也)(2016)『第44回考古展 沼津市土手上遺跡から出土した3万5千年前の狩猟具』(第6回キャンパスフェスタin静岡の一企画として開催・平成28年度静岡大学地域連携応援プロジェクト「愛鷹山麓出土の旧石器資料に関する展示コンテンツの開発」事業[代表者:山岡拓也]として実施)静岡大学人文社会科学部B棟206室、2016年11月19–20日。

講演・学会発表等

  • Ishida, H. (2016) Biological anthropology of the Ainu and Ryukyu Islanders. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.
  • 石田 肇(2016)「ヒト頭蓋小変異」『日本解剖学会第72回九州支部学術集会』長崎大学医学部良順会館、2016年10月29日。
  • 石田 肇(2016)「アジアの更新世人類化石」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集40–41頁)。
  • 松藤和人・加藤真二・中川和哉・麻柄一志・上峯篤史・竹花和晴(2016) 「ホモ・サピエンスの出現は東アジアに何をもたらしたか」 『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集42–45頁)。
  • 仲田大人(2016)「日本列島のホモ・サピエンスの侵入と定着:集団サイズから考える」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集50–51頁)。
  • Nishiaki, Y. (2016) Towards a high-resolution chronology of the Neolithisation processes of the Southern Caucasus. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.
  • Nishiaki, Y. (2016) PPN-PN The emergence and development of the Mlefaatian lithic industry in the Iranian Zagros. The 8th International Conference on the PPN Chipped Lithic Industries of the Near East, University of Cyprus, Nicosia, November 22–27, 2016.(招待講演)
  • Nishiaki, Y. (2016) Development of the lithic industries of the earliest farming communities in the Middle Kura Valley, Azerbaijan. The 8th Conference on PPN Chipped and Ground Stone Industries of the Near East, Nicosia, November 23–27, 2016 (Proceedings, p. 24).
  • 西秋良宏(2016)「ユネスコ主催第2回シリア文化遺産専門家会議報告」『文化遺産国際協力コンソーシアム第27回西アジア分科会』東京文化財研究所、2016年7月4日。
  • 西秋良宏(2016)「趣旨説明」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集3–10頁)。
  • 西秋良宏(2016)「アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組み構築に向けて」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集36–37頁)。
  • 西秋良宏(2016)「南コーカサス地方新石器時代の社会発展と建築伝統」『日本オリエント学会第58回大会』慶応大学三田キャンパス、2016年11月12–13日(予稿集16頁)。
  • 西秋良宏(2016)「西アジア発、”新石器革命”とその拡散」『2016年度西洋史研究会大会共通論題:ゲノム研究は歴史を変える–西ユーラシアの農耕-牧畜・移動-定住研究の現在』東北大学文学部、2016年11月19–20日(予稿集19–21頁)、招待講演。
  • 野口 淳(2016)「南アジアの中期~後期旧石器時代:多様な生態環境の中の石器群」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集48–49頁)。
  • Noguchi, A., F. Chiba, and S. Yokoyama (2016) Visualizing patterns in archaeological contexts: distributional mapping by processing. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 282).
  • Noguchi, A., R. Korisettar, H. Sato, and J. Nagasaki (2016) The origin of beads making of South Asia: technological reassessment of beads from Jwalapuram 9, Andhra Pradesh, South India. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 173).
  • Takakura, J. (2016) Understanding of skill learning and childhood in the Paleolithic: A view from apprentice of lithic knappers. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 127).
  • Takakura, J. (2016) Analyzing the refitted artifacts within the Upper Paleolithic sites to reconstruct human behaviors: A case study from central and eastern Hokkaido, Japan. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 309).
  • 髙倉 純(2016)「北アジアにおける後期旧石器時代のはじまりと現生人類の拡散」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集46–47頁)。
  • 上峯篤史(2016)「縄文文化の系統―石器編年と石材原産地推定をもとに―」『先史時代における置戸産黒耀石の利用解明を目的とした調査に関する研究会』札幌学院大学、2016年12月17日。
  • Yamaoka, T. (2016) Weapon technology in the Initial Early Upper Paleolithic of the Japanese Islands. The 8th Meeting of the Asian Palaeolithic Association, Tokyo Metropolitan University, Tokyo, June 24–28, 2016 (Program and Abstracts, p. 36).
  • 山岡拓也(2016)「東南アジアにおける現代人的行動に関する考古学的研究とタケ仮説」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集38–39頁)。