パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

会議・シンポジウム

  1. お知らせ
  2. イベント
  3. 会議・シンポジウム
  1. 2017
  2. 2016
会議・シンポジウム

A01研究会を開催しました

日時:2017.03.04 13:00~
会場:静岡大学 静岡キャンパス 人文社会科学部E棟101教室 入場無料・申し込み不要
キャンパスMAP(PDF)

A01班研究集会
「日本列島における新人文化の形成過程」

近年、日本列島における新人の出現期である後期旧石器時代前半期の研究が進展しているが、新人の出現(移入)過程の評価やその後の考古資料の変遷過程の評価(環境の変化への適応or新しい文化の流入or…)については研究者の間で見解が分かれる点も多いように思われる。こうした研究状況を踏まえ、方法や解釈について異なる立場をとる研究者が、①新人到達以前、②新人の到達、③新人到達後の考古資料の変化、それぞれをどのように解釈するのか報告し、方法論や解釈について議論する。また、中国や韓国の資料に関する報告も加え、東アジアというより広い空間的スケールで、研究の現状と課題についても議論する。 

◆タイムテーブル
13:00~13:10 趣旨説明 
高倉純 
13:10~13:35 日本列島の旧石器時代遺跡―データベースから見た分布と立地― 
野口 淳 
13:35~14:00 新人が出現する頃の行動多様性
仲田大人
14:00~14:25 日本列島における後期旧石器時代前半期の石刃技法
森先一貴
14:25~14:35 休憩
14:35~15:00 日本列島の後期旧石器時代前半期における石器素材利用形態の画期
山岡拓也
15:00~15:25 中国東部における新人文化出現期の様相 
加藤真二
15:25~15:50 韓国における最近の旧石器研究 
松藤和人・中川和哉
15:50~16:00 休憩
16:00~17:00 議論 

会議・シンポジウム

B02班会議を開催しました

日時:2017.03.02-03.03
会場:高知工科大学永国寺キャンパス教育研究棟 1階 A108

PaleoAsia Project B02 group meeting program
03/02(Thu)
09:30 – 09:40 Joe Yuichiro Wakano
      Opening Remark
09:40 – 10:20 Joe Yuichiro Wakano
      Ecocultural range-expansion scenarios for the replacement or assimilation of Neanderthals by modern humans
10:20 – 11:00 Kenichi Aoki
      On the absence of correlation between population size and toolkit size in hunter-gatherers
11:00 – 11:40 Yutaka Kobayashi
      Cumulative culture and the rate of vertical transmission
11:40 – 12:20 Naoyuki Takahata
      Methods for inferring population sizes from genome sequences

13:20 – 14:20 Alex Mesoudi
      Migration, acculturation, and the cultural evolution of cross-cultural variation in cognition and behaviour
14:20 – 15:20 Kohei Tamura
      Cultural Evolution and Geometric Morphometrics in Archaeology

15:40 - 16:20 Yasuo Ihara
      A cultural evolutionary analysis on the diffusion of the hinoeuma superstition
16:20 – 17:00 Naoko Fujito
      Approaches for detecting natural selection and their application

17:30 Dinner party

03/03(Fri)
09:30 – 10:40 研究討論
特に集団遺伝学における infinite sites model などの数理的知見の、文化進化モデルへの応用について

11:00 – 12:00 プロジェクト打ち合わせ


会議・シンポジウム

B02 Alex Mesoudi博士 特別講演を開催しました

日時:2017.02.28 15:00–16:00
会場:明治大学 中野キャンパス 6階603室

博士の著書「文化進化論 ダーウィン進化論は文化を説明できるか」は、最近邦訳されて、
多方面から好意的書評が上がっています。

会議・シンポジウム

A01東アジア班国際セミナー2017を開催しました

「東アジアにおけるホモ・サピエンス出現前後の考古学」
日時:2017.02.25(土) 13:00–17:00
会場:同志社大学新町学舎 臨光館208教室 入場無料・申し込み不要

◆プログラム
13:00–13:20 開催趣旨説明
       松藤和人(同志社大学)                                        13:20–14:20「中国内蒙古自治区金斯太洞穴の調査」
       魏 堅(中国人民大学)
14:25–14:55「中国におけるホモ・サピエンス出現前夜」
       麻柄一志(魚津市教育委員会)
14:55–15:10  休憩 
15:10–15:40「中国の後期旧石器文化の起源と展開」 
       加藤真二(奈良文化財研究所)
15:45–16:15「朝鮮半島におけるホモ・サピエンス出現前後の様相」                
       中川和哉(京都府埋蔵文化財調査研究センター)      
16:20–16:50「長野県木崎小丸山遺跡の調査」
       上峯篤史(京都大学白眉センター)  
16:55–17:00 セミナー総括(松藤和人)                     

特別展示 
12:30–13:00 ・17:00–17:30 
島根県砂原・板津・掛合出土石器および鳥ヶ崎採集石器、長野県小丸山遺跡出土石器
於同志社大学考古学実習室(新町学舎 渓水館1F奥)

お問い合わせは、同志社大学考古学研究室(松藤)まで。