パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

B01: 人類集団の拡散と定着にともなう文化・行動変化の文化人類学的モデル構築

2017

出版物 Publications

著編書 Books

  • 池谷和信(編著)(2017)『ビーズ』国立民族学博物館。
  • 池谷和信(編著)(2017)『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』東京大学出版会。
  • Peng, Y. (2017) Inscribing the Body: An Anthropological Study on the Tattoo Practice among the Baka Hunter-Gatherers in Southeastern Cameroon. Kyoto: Shokado.

書籍掲載論文 Book chapters

  • 池谷和信(2017)「狩猟採集民からみた地球環境史」『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』池谷和信編:1–21、東京大学出版会。
  • 池谷和信(2017)「地球の先住者から学ぶこと」『狩猟採集民からみた地球環境史―自然・隣人・文明との共生』池谷和信編:297–302、東京大学出版会。
  • 山中由里子(2017)「捏造された人魚―イカサマ商売とその源泉をさぐる」『海賊史観からみた世界史の再構築―公益と情報流通の現在を問い直す』稲賀繁美編:170–195、思文閣。
  • 山中由里子(2017)「スエズの商人・南部憲一」『欧州航路の文化誌 寄港地を読み解く』橋本順光・鈴木禎宏編:139–158、青弓社。

口頭発表 Conference presentations

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • 藤本透子(2017)「定住化にともなうカザフ村落社会の形成と変容」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集64頁)。Fujimoto, T. (2017) The formation and transformation of a Kazakh village in the process of sedentarization: a case study in Central Asia. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.65).
  • 池谷和信(2017)「狩猟採集民と農耕民との相互関係の動態」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集62頁)。Ikeya, K. (2017) Dynamic relationship between hunter-gatherers and farmers. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.63).
  • 野林厚志(2017)「民族誌データにもとづく狩猟採集民の狩猟域の大きさと動物獲得の技術」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集10頁)。Nobayashi, A. (2017) Size of hunting area and the techniques of hunter-gatherer groups for hunting games using ethnographic data. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University, Tokyo, February 10–12, 2017 (Proceedings, p.11).
  • 大西秀之(2017)「産業社会以前における手工芸技術の学習に関する民族誌モデル」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集58頁)。Onishi, H. (2017) Ethnographic model on learning of handicraft technologies in pre-industrial societies. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.59).
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2017)「紐と糸をめぐる技術民族誌的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集60頁)。Ueba, Y., M. Kanetani, and A. Nakatani (2017) Ethnographic analysis of technologies for making and using thread, string and yarn. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.61).
  • 山中由里子(2017)「想像界の生物相―マンティコーラにみる名付けと形象化」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月12日(予稿集62頁)。Yamanaka,Y. (2017) The biota of the imaginary: Mantichora, its nomenclature and visualization The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Nagoya University Museum, February 12, 2017 (Proceedings, p.67).
  • Yamanaka, Y. (2017) Incredible India, the Land of Wonders in Persian ʿAjāʾib Literature. International Conference on Indo-Persian Studies at the Academy of Persian Language and Literature, Tehran, February 20, 2017.

 

2016

著編書 Books

  • Ikeya, K. and R. K. Hitchcock (eds.) (2016) Hunter-Gatherers and Their Neighbors in Asia, Africa, and South America. Senri Ethnological Studies 94. Osaka: National Museum of Ethnology.

雑誌論文 Journal articles

  • 卯田宗平(2016)「鵜飼い漁誕生の初期条件-野生ウミウを飼い馴らす技術の事例から」『日本民俗学』286:35–65。

書籍掲載論文 Book chapters

  • Ikeya, K. (2016) Interaction of the San, NGOs, Companies, and the State. In: Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America (Senri Ethnological Studies 94), edited by K. keya and R. K. Hitchcock, pp.255–267. Osaka: National Museum of Ethnology.
  • 池谷和信(2016)「近年における歴史生態学の展開」『環境に挑む歴史学』水島司編:43–54、勉誠出版。
  • Ikeya, K. and R. K. Hitchcock (2016) Introduction. In: Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America (Senri Ethnological Studies 94), edited by K. Ikeya and R. K. Hitchcock, pp. 1–15. Osaka: National Museum of Ethnology.
  • Nakai S. and K. Ikeya (2016) Structure and Social Composition of Hunter-Gatherer Camps: Have the Mlabri Settled Permanently? In: Hunter-Gatherers and their Neighbors in Asia, Africa, and South America (Senri Ethnological Studies 94), edited by K. Ikeya and R. K. Hitchcock, pp.123–138. Osaka: National Museum of Ethnology.

口頭発表 Conference presentations

主宰 Organized conferences

  • 野林厚志(2016)『台灣資訊跨國多語言交流平台』屏東:原住民族委員會原住民族文化發展中心、台湾、2016年11月26日。
  • Ikeya, K. and Sakkarin Na Nan (2016) Symposium: Interactions between Prehistoric Hunter-Gatherers and Neighbors in Asia. WAC (World Archaeological Congress)-8 Kyoto, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016.

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • Fujimoto, T. (2016) Ancestral Land and Networking in the Course of Privatization after Socialism: A Case Study in Kazakhstan. In Session “Creating a Trans-Boundary Network and Shared Communication in the Changing Landscape of Asian Societies,” East Asian Anthropological Association 2016 Meeting, Sapporo, October 15, 2016.
  • 藤本透子・吉田世津子(2016)「中央アジアにおける遊牧民の定住化―居住形態の変化を中心に」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集90-91頁)ポスター発表。Fujimoto, T. and S. Yoshida (2016) Sedentarization of nomads in Central Asia: analyzing the change of Kazakh dwelling. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia. The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p.92), Poster.
  • 池谷和信(2016)「狩猟採集民と隣人との相互関係について」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集82頁)。 Ikeya, K. (2016) Interaction between hunter-gatherers and their neighbors. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia. The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p.83).
  • 菊田悠(2016)「ウズベキスタン、リシトン陶業現代史―ものと人間の関係モデルに関連付けるには」『(新学術領域研究)人類集団の拡散と定着にともなう文化・行動変化の文化人類学的モデル構築』『パレオアジア文化史学B01-B02班合同会議』国立民族学博物館、2016年11月4日。
  • 野林厚志(2016)「新人文化の形成:文化・行動変化の文化人類学的モデル」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集80頁)。 Nobayashi, A. (2016) The formation of modern human cultures: Perspective of change of culture and human behavior from cultural anthropology. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p.81).
  • 野林厚志・丸川雄三(2016)「生態資源獲得の道具と技巧の人類学的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集86頁)ポスター発表。Nobayashi, A. and Y. Marukawa (2016) An anthropological analysis of tools and techniques for obtaining and processing ecological resources. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5-6, 2016 (Proceedings, p.87), Poster.
  • Ōnishi, H. (2016) Two Different Ancestors of the Ainu People: Roles of the Satsumon Culture and the Okhotsk Culture in Ainu History. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 191).
  • Ōnishi, H. (2016) Enforcement of Foraging Society on the Ainu. The 8th World Archaeological Congress, Doshisha University, Kyoto, August 28–September 2, 2016 (Proceedings, p. 390).
  • 大西秀之(2016)「モノに刻み込まれた帝政ロシアの植民地経営」『日本シベリア学会第2回研究大会』千葉大学人文社会科学系総合研究棟、2016年11月19日(プログラム6頁)。
  • 大西秀之(2016)「北東アジア地域における多文化集団の接触・交流状況:北海道開拓の開発と政策によるアイヌ社会聖地の創造」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集93頁)ポスター発表。Ōnishi, H. (2016) Contact and Interaction between Multicultural Groups in Northeast Asia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 94), poster.
  • 卯田宗平(2016)「去勢なき家畜飼育のこれから―中国大興安嶺のエヴェンキ族らとトナカイ」、大学共同利用機関法人人間文化研究機構北東アジア地域研究国立民族学博物館拠点月例会、国立民族学博物館、2016年12月1日。
  • 卯田宗平(2016)「生業を裏打ちする文化を探る」、大学共同利用機関シンポジウム2016『研究者に会いに行こう 大学共同利用機関博覧会』、大学共同利用機関主催、秋葉原UDX(東京都千代田外神田)、2016年11月27日。
  • 卯田宗平(2016)「「反馴化」という働きかけ‐中国と日本の鵜飼い漁の事例から」、総合研究「自然観」(前近代を中心とした琵琶湖周辺地域における自然および自然観の通時的変遷に関する研究)研究会、滋賀県立琵琶湖博物館会議室、2016年9月3日。
  • 卯田宗平(2016)「概念を規定し、事例を読みとく-鵜飼研究、中国から日本、そしてマケドニアへ」2016年度海外学術調査フォーラム・ワークショップ『フィールドサイエンスにおけるドキュメンテーション-あつめる・はかる・かぞえる』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(東京都・府中市)、2016年7月9日。
  • 卯田宗平(2016)「中国の鵜飼文化」大阪府高齢者大学校『世界の文化に親しむ科』大阪府社会福祉会館505号室、2016年10月28日。
  • 卯田宗平(2016)「「手段」としての動物と人間とのかかわり」『環境社会学会研究委員会』追手門学院大学梅田サテライト、2016年10月23日。
  • 卯田宗平(2016)「日本の鵜飼文化」大阪府高齢者大学校『世界の文化に親しむ科』大阪府社会福祉会館505号室、2016年10月21日。
  • 卯田宗平(2016)「飛ばねぇカワウはただのカワウだ‐鵜飼研究の魅力を語る」『第459回みんぱくゼミナール』国立民族学博物館講堂、2016年8月20日。
  • 卯田宗平(2016)「鵜飼の世界-日本・中国・ヨーロッパ」国立民族学博物館友の会国内体験セミナー『長良川鵜飼漁見学-鳥と語らい、川とともに生きる』長良川うかいミュージアム、岐阜市長良川鵜飼伝承館、2016年7月14日。
  • 上羽陽子(2016)「物質文化展示の新たな可能性について―国立民族学博物館南アジア展示場を事例に」『第58回 意匠学会大会』京都精華大学、2016年7月31日、ポスター発表。
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2016)「南アジアにおける糸素材および織機の技術民族誌的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学B01-B02班合同会議』(代表:野林厚志)、国立民族学博物館第4演習室、2016年10月31日。
  • 上羽陽子・金谷美和・中谷文美(2016)「南アジアにおける糸素材および織機の技術民族誌的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集88頁)ポスター発表。Ueba, Y., M. Kanetani, and A. Nakatani, (2016) An ethnographic analysis of technologies to produce yarn material and looms in South Asia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 89). poster.
  • Yamanaka, Y. (2016) At the Crossroads of Global Cultural History: from a ‘Far Eastern’ Perspective. International Comparative Literature Association 2016, University of Vienna, Vienna, July 23, 2016.
  • 山中由里子(2016)「想像界の生物相:生態系と人間の想像力の相関関係の比較文化的研究」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集84頁)。Yamanaka, Y. (2016) The biota of the imaginary: a comparative study on interrelation between ecosystems and the human imagination. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 85).