パレオアジア文化史学

文部科学省 科学研究費補助金
新学術領域研究(研究領域提案型)
平成28年度~32年度

A03: アジアにおけるホモ・サピエンス定着期の気候変動と居住環境の解明

2017年

出版物 Publications

雑誌論文 Journal articles

  • 北川浩之(2017)「名古屋大学宇宙地球環境研究所AMS施設の運用―炭素14年代測定データの品質保証・管理」『名古屋大学年代測定研究』1: 153–157。

口頭発表 Conference presentations

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • 藤木利之・北川浩之・西秋良宏(2017)「ウズベキスタン・アンギラク洞窟の中期旧石器時代層の花粉分析」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2016年2月11–12日(予稿集53頁)。 Fujiki, T., H. Kitagawa, and Y. Nishiaki (2017) Pollen analysis data of Middle Paleolithic period from Anghilak cave, Uzbekistan. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Noyori Conference Hall, Nagoya University, February 10-12, 2017 (Proceedings, p. 54).
  • 藤木利之・和田恵治・佐藤鋭一・奥野 充(2017)「北海道のコア試料の花粉化石およびテフラ分析:火山噴火の植生へのインパクトと回復プロセス」『国際火山噴火史情報研究所研究集会』福岡大学七隈キャンパス、2017年1月21–22日。
  • 長谷川精(2017)「ホモ・サピエンス定着期における西アジア~東アジアの環境変動記録のコンパイル」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2016年2月11–12日(予稿集48頁)。 Hasegawa, H. (2017) Compilation of paleoenvironmental changes in West Asia to East Asia during the during the Homo Sapiens’s expansion period. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Noyori Conference Hall, Nagoya University, February 10–12, 2017 (Proceedings, p. 49).
  • 北川浩之・M. Stein(2017)「死海深層掘削プロジェクト:レヴァント地域の気候変動」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2017年2月11–12日(予稿集55頁)。 Kitagawa, H., and M. Stein (2017) Dead Sea Drilling Project (DSDDP)-climate in Levant. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Noyori Conference Hall, Nagoya University, February 10–12, 2017 (Proceedings, p. 56).
  • 近藤康久・野口 淳・北川浩之(2017)「オマーンにおける先史遺跡調査:2016年度概報『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2016年2月11–12日(予稿集50頁)。Kondo, Y., A. Noguchi, and H. Kitagawa (2017) Archaeological survey of prehistoric sites in Oman: preliminary report of the 2016 season. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Noyori Conference Hall, Nagoya University, February 10-12, 2017 (Proceedings, p. 50).
  • 前田悠斗・藤木利之・奥野 充(2017)「フィリピン,ルソン島パイタン湖周辺の古環境変化」『国際火山噴火史情報研究所研究集会』福岡大学七隈キャンパス、2017年1月21-22日。
  • 野口 真・藤木利之・奥野 充(2017)「アリューシャン列島、アダック島のハベン湖周辺の植生変遷」『国際火山噴火史情報研究所研究集会』福岡大学七隈キャンパス、2017年1月21–22日。
  • 奥野 充・藤木利之・V. Hatfield・K. Bruner(2017)「アリューシャン列島,ウナラスカ島のダッチハーバー周辺の泥炭層の層序と年代」『国際火山噴火史情報研究所研究集会』福岡大学七隈キャンパス、2017年1月21–22日。
  • 田村 亨・門脇誠二(2017)「ヨルダンTor HamarサイトのOSL年代測定:予察報告」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会』名古屋大学野依記念学術交流館、2016年2月11–12日(予稿集51頁)。 Tamura, T., and S. Kadawaki (2017) Optically-stimulated luminescence dating of sediment samples at Tor Hammer, southern Jordan: preliminary reports. The 2nd Conference on Cultural History of PaleoAsia, Noyori Conference Hall, Nagoya University, February 10–12, 2017 (Proceedings, p. 52).

2016年

出版物 Publications

雑誌論文 Journal articles

  • Kitagawa, H., M. Stein, S. L. Goldstein, T. Nakamura, and B. Lozar, DSDDP Scientific Party (2016) Radiocarbon chronology of the DSDDP core at the deepest floor of the Dead Sea. Radiocarbon, DOI:10.1017/RCD.2016.120
  • Kondo, Y. (2016) ‘New Contributions to Geoarchaeology’ Session at the World Archaeological Congress. Newsletter, IAG Working Group on Geoarchaeology, 17: 23–24. DOI:10.13140/RG.2.2.27017.65125
  • 近藤康久(2016)「アラビア半島乾燥地オアシスの水環境に関する環境考古学的研究、その後」『KWEFニュース』14: 14。
  • Miyata, K., H. Ikeda, T. Fujiki, and H. Ohba (2016) A Supplementary Description of Kalanchoe humifica (Crassulaceae), with Special Reference to the Floral Characters and its Chromosome Number. The Journal of Japanese Botany, 91: 26–31.
  • 小口 高・村山泰啓・近藤康久(2016)「JpGU, ORDIDの登録機関に」『JGL 日本地球惑星科学連合ニュースレター』12(4): 11。

書籍掲載論文 Book chapters

  • 藤木利之・三好教夫・木村裕子(2016)『日本産花粉図鑑(増補・第2版)』北海道大学出版会。

口頭発表 Conference presentations

講演・学会発表等 Oral and poster presentations

  • 藤木利之(2016)「花粉分析によるクック諸島・ラロトンガ島の人類到達時期について」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集74頁)。 Fujiki, T. (2016) Vegetation change and date of human arrival in Rarotonga, Cook Islands. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 75).
  • 長谷川精(2016)「モンゴルの湖沼堆積物とレス堆積物から復元する新人定着期の環境変動(これからの計画)」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集72頁)。Hasegawa, H. (2016) Reconstruction of paleoenvironmental change in Mongolia during the Homo sapiens’s expansion period (Research plan) The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 73).
  • 長谷川精・安藤寿男・勝田長貴・山本鋼志・太田 亨・山本正伸・長谷川卓・長谷部徳子・N. Ichinnorov(2016)「年縞湖成層から探る白亜紀中期の年~地球軌道要素スケールの気候変動」『第2回地球環境史学会』早稲田大学、2016年11月26日。
  • 長谷川精・山本鋼志・勝田長貴・三村耕一・安藤寿男・太田 亨・山本正伸・長谷川卓・長谷部徳子・N. Ichinnorov・U. Heimhofer・G. Enerel・I. G. Oyunjarga・西本昌司・山口浩一・鈴木徳行・入野智久・阿部文雄・村木 綏(2016)「モンゴル湖成層から読み解く白亜紀中期“超温室期”の十年スケール~地球軌道要素スケールの気候システム変動」『日本地球惑星科学連合2016年大会』幕張メッセ、2016年5月24日。
  • Hasegawa, H., K. Yamamoto, K. Mimura, H. Ando, and N. Ichinnorov (2016) Millenial- to orbital-scale paleoclimatic changes in the mid-Cretaceous from Mongolian lacustrine records. Goldschmidt 2016, Yokohama, June 26–July 1, 2016.
  • 北川浩之(2016)「あなたの生活をおびやかす温暖化 ~身近に起きる暮らしへの影響~」『なごや環境大学共育講座公開講演会』名古屋市昭和生涯学習センター、2016年5月12日。
  • 北川浩之(2016)「レヴァント地方の過去20万年間の水文変動を探る-死海深層掘削プロジェクト(ICDP-DSDDP)」『公開シンポジウム「砂漠化の歴史を編む」』鳥取大学乾燥地研究センター、2016年5月28–29日。
  • 北川浩之(2016)「水月湖の年縞(ねんこう)堆積物」『静岡地学会』特別講演会、静岡産業大学、2016年7月16日。
  • 北川浩之(2016)「初期ホモ・サピエンスの居住環境の探求」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集70頁)。Kitagawa, H. (2016) Exploring the resident-environment of early modern human in Asia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 71).
  • Kitagawa, H., P. X. Dang, A. Hayashida, and V. C. Lai (2016) A sedimental record from a maar on the Pleiku Volcanic Field in the central Highland of Vietbam. 6th International Marr Conference – maar and environmental change, Changchun, China, July 30–August 3, 2016.
  • Kondo, Y.(2016)Joint ecological niche- & cost surface model to backcast the adaptation of early modern humans to the palaeoenvironment. Future Earth Cluster Workshop “Modeling Challenges for Sustainability”, Reserarch Institute for Humanity and Nature, Kyoto, Japan. September 28–30, 2016.
  • 近藤康久(2016)「地球環境学の離散的なデータの活用に向けた諸問題〜何が障壁で、どう乗り越えるか〜」『第1回NII-地球研合同セミナー』国立情報学研究所軽井沢国際高等セミナーハウス、2016年9月3–4日。
  • 近藤康久(2016)「オープンサイエンスが切り拓く社会課題解決型研究の未来」『文部科学省科学技術・学術政策研究所講演会(ホライズン・セミナー)』 文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室、2016年9月20日。
  • 近藤康久(2016)「Google Earth Engineを用いた超学際リモートセンシングの可能性〜地球環境GIS講習会2016の経験から〜」『千葉大CEReS-地球研合同ワークショップ「環境問題の現場における超学際研究の新展開」』 総合地球環境学研究所講演室、2016年10月9日。
  • 近藤康久(2016)「多元素同位体指標の可視化とオープンサイエンス」『金沢大学環日本海域研究センター拠点研究集会』金沢大学 環日本海域環境研究センター臨海実験施設、2016年11月3日。
  • 近藤康久(2016)「パレオアジア文化史学総合遺跡データベースPaleoAsia DBのグランドデザイン」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集106頁)。Kondo, Y. (2016) Gland design of the PaleoAsia DB, a holistic site database of the PaleoAsia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 107).
  • 近藤康久(2016)「アラビア半島におけるホモ・サピエンスの定着:オマーンでの調査計画」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集78頁)。Kondo, Y. (2016) Understanding early modern humans in Arabia: a research plan in Oman. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 79).
  • 近藤康久(2016)「アラビア半島乾燥地オアシスの水環境に関する環境考古学的研究、その後」『平成28年度クリタ水・環境科学振興財団研究成果報告会』。■
  • 近藤康久・陀安一郎・中野孝教・申 基澈・薮崎志穂・山田佳裕・大河内博・真庭 譲・西村寿々美・横尾頼子・帰山寿章・山田明弘・下島浩平・小沢弘幸(2016)「GISを用いた多元素同位体情報の可視化とその意義」『第6回同位体環境学シンポジウム』、総合地球環境学研究所、2016年12月22日(予稿集69頁)。
  • Nara F., S-I. Yamasaki, T. Watanabe, N. Tsuchiya, H. Miyahara, T. Kato, K. Minoura, and T. Kakegawa (2016) Rb/Sr Ratio in Lake Baikal Sediment Core: the New Geochemical Proxy for East Asian Winter Monsoon Strength during Cool Climate Period. Goldschmidt 2016, Yokohama, Japan, June 26–July 1, 2016.
  • 田村 亨(2016)「光ルミネセンス(OSL)年代の手法とパレオアジア文化史学への貢献」『文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会』東京大学小柴ホール、2016年11月5–6日(予稿集76頁)。 Tamura, T. (2016) Optically-stimulated luminescence and its contribution to the cultural history of PaleoAsia. The 1st Conference on Cultural History of PaleoAsia, The University of Tokyo, Tokyo, November 5–6, 2016 (Proceedings, p. 77).